2015年12月30日

ありがとうの神様:小林 正観

ありがとうの神様

著者 :小林 正観
価格 : 1,728円
時間 :5時間33分
ナレーター :佐々木健
出版社 :ダイヤモンド社
出版日 :2015/2/14
配信日 :2015/12/30
分割ファイル数 : 18個
ファイル容量 : 305.2 MB (通常版) / 153 MB (倍速版)

内容紹介

年間に約300回の講演を行ってきた小林正観さんの『ありがとうの神様』がオーディオブックで登場!

享年62歳でお亡くなりになられた小林正観さんが、
40年間の研究で、いちばん伝えたかった「ベスト・メッセージ集」をお届けします。
すべてのことに感謝する生き方を知り、人間関係、仕事、お金、子供、病気、男女など、あらゆる悩みを解決する糸口がつかめる一冊です。


人間関係、仕事がうまくいかない。
お金がたまらない。
身近な人の言動にどうしてもイライラしてしまう。

このような悩みをお持ちの方に、ぜひ一度お聞きいただきたい作品です。

年間に約300回の講演の依頼があり、さらに多くのベストセラーも発表してきた小林正観さん。

小林正観さんが40年にわたる研究の末にたどり着いた人生の本質は、
自分自身の思いを持たず、「頼まれごと」に応えて生きること、
そして、何が起こってもすべてに「ありがとう」と感謝して生きていくことでした。

本作品は、小林正観さんのいちばんいいお話を集めた「ベスト・メッセージ集」。

つらいとき、どうしたらいいのかと迷ったときに、本作品をお聞きいただくことで
あなたの肩の力が抜け、ずっと生きやすくなることでしょう。

神様が宿る言葉「ありがとう」を言い続けることをはじめとして、
あなたが物事にどのように向き合うかで、あなたの人生は変わります。

あなたも、本作品ですべてを受け入れる生き方を知り、
生きやすく、本当に心から幸せを感じられる生き方を始めてみませんか?

目次

はじめに
第1章 否定しない、怒らない、イライラしない
第2章 喜ばれる存在になる
第3章 「お金」に好かれる習慣
第4章 「子ども」が輝く子育て
第5章 「病気」は身体からのメッセージ
第6章 「ありがとう」の奇跡
第7章 人間関係が楽しくなる
第8章 すべてを受け入れる
第9章 「神様」を味方にする
おわりに

試聴できますよ
ありがとうの神様
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 09:36 | Comment(0) | ビジネス > 思考術・発想法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

統合失調症がやってきた:ハウス加賀谷、松本キック

統合失調症がやってきた

著者 :ハウス加賀谷、松本キック
価格 : 1,404円
時間 :5時間5分
ナレーター :渡辺 一茂、田沼 裕基
出版社 :イースト・プレス
出版日 :2013/8/7
配信日 :2015/12/28
分割ファイル数 : 18個
ファイル容量 : 279.9 MB (通常版) / 140 MB (倍速版)

内容紹介

Amazon評価4.6!ハウス加賀谷、松本キック著「統合失調症がやってきた」がオーディオブックとなって登場!

ボキャブラ天国、電波少年などに出演し人気絶頂の中、
突如姿を消した人気お笑いコンビ「松本ハウス」のハウス加賀谷。
彼が闘っていたのは、総合失調症という病でした。

病気の発症から復活までの軌跡を、ハウス加賀谷、そして相方の松本キックの視点も交えて明かす一冊です。
活動休止から10年をかけて復活し、芸人として生き続けるハウス加賀谷の言葉から、
周りの人の愛や、病気と向き合うということなど、多くのものが見えてくることでしょう。

加賀谷氏が総合失調症と診断されたのは高校生の時でした。
さらに発症したと思われるのは、中学生のころに遡ります。

病気と付き合いながらも、大好きなお笑いの道を選び、
彼は「松本ハウス」の相方、松本キックとの運命の出会いを果たします。

病気を知ってもなお変わらず、ともにつき進む彼らのお笑いに、人気は急上昇。
その多忙な日々に、また精神のバランスが崩れてしまったハウス加賀谷。
お笑いを離れる加賀谷を、松本はただただ見守り、待っていたのです。

本作品は、その病気の発症から復活までの軌跡を、ハウス加賀谷の言葉、
そして相方として見守り続けてきた松本キックの視点も交えて綴った一冊です。

人は、知らず知らずのうちに、自分にプレッシャーを与え、少しずつ、自分を追いつめているのかもしれません。
総合失調症は、誰にでも発症する可能性のある病です。

頑張れなくなってしまった時、悲しみで自分が保てなくなった時、ぜひこの作品を聴いてみてください。
そして、あなたの周りで同じ病に苦しむ人のことにも思いをはせてみてください。

芸人・ハウス加賀谷が病気と向き合って生きてきた半生を振り返って書き綴った苦心の一作から、
病気と闘うということ、周囲の人の愛情の大切さ、そして人とともに生きるとはどういうことか、等、
様々なことが見えてくる一冊です。

目次

序章 あの時のこと―松本キックから見て
一章 統合失調症の発症
二章 松本ハウスという居場所
三章 入院生活
四章 復活に向かって
あとがき―ハウス加賀谷より感謝を込めて

試聴できますよ
統合失調症がやってきた
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 09:33 | Comment(0) | 文芸・落語 > エッセイ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く:藻谷浩介、NHK広島取材班

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く

著者 :藻谷浩介、NHK広島取材班
価格 : 1,296円
時間 :10時間25分
ナレーター :茶川亜郎
出版社 :KADOKAWA
出版日 :2013/7/10
配信日 :2015/12/25
分割ファイル数 : 28個
ファイル容量 : 573 MB (通常版) / 287 MB (倍速版)

内容紹介

★著者・藻谷浩介氏の特別メッセージを巻末に収録!★

40万部突破!「新書大賞2014」大賞受賞の藻谷浩介著「里山資本主義」がオーディオブックになって登場!

先進国の課題を救う糸口は田舎にあった!
現代の都心中心の“マネー資本主義”に疑問をなげかけ、
マネーに依存しない自然豊富な地方に焦点をあてた究極のバックアップシステム“里山資本主義”について解説します。

雇用問題、少子高齢化、食糧自給、地域経済の自立など、日本が抱える多くの課題を解決する多くの事例を通じて、
異なる視点・新たな発想を得られ、今の日本の経済システムについて見直すきっかけとなることでしょう。

少子高齢化が進み、大都市に人が集中するなかで、
非常に多くの課題を抱えながら進み続けている先進国・日本。

その多くの課題を解決するカギを「里山」に見出し、
日本国内の事例や、オーストリアやイギリスの事例を踏まえながら
新たな経済のあり方、経済再生の方策を探った一冊です。

・20世紀型の価値観からの解放
・21世紀のエネルギー革命
・次世代の林業
・無縁社会の克服
・地域復活
・田舎の豊かな暮らし
・明るい高齢化社会
・少子化を抜け出す第一歩
・多様性

これらのキーワードについてそれぞれ掘り下げ、
まったく新しい日本経済の再生策が、具体例をもってまとめられた作品です。

本作は、便利な都会の生活を捨て田舎暮らしをすることを勧めるものではありません。

里山の力を大いに生かし、人がより健康に、そして経済的に豊かに暮らしていける方法を模索し
新しい社会が実現された姿を大胆に描いて見せた本作品は、あなたに多くの気付きを与えてくれます。

田舎で暮らす方には、実践的な手引きとして、
都会に暮らす方には、自らの生活や日本の未来を見つめることができる一本となるでしょう。

あなたも本作品とともに、日本の社会と経済の未来について、そしてあなたの暮らしについて考えてみませんか?

★著者・藻谷浩介氏による特別メッセージを収録『2015年冬、今改めて考える「里山資本主義」』★

目次

はじめに―「里山資本主義」のススメ
第一章 世界経済の最先端、中国山地―原価ゼロ円からの経済再生、地域復活
第二章 二一世紀先進国はオーストリア―ユーロ危機と無縁だった国の秘密
中間総括 「里山資本主義」の極意―マネーに依存しないサブシステム
第三章 グローバル経済からの奴隷解放―費用と人手をかけた田舎の商売の成功
第四章 “無縁社会”の克服―福祉先進国も学ぶ“過疎の町”の知恵
第五章 「マッチョな二〇世紀」から「しなやかな二一世紀」へ―課題先進国を救う里山モデル
最終総括 「里山資本主義」で不安・不満・不信に訣別を―日本の本当の危機・少子化への解決策
おわりに―里山資本主義の爽やかな風が吹き抜ける、二〇六〇年の日本
あとがき
オーディオブック特典 著者・藻谷浩介氏からのメッセージ

試聴できますよ
里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 14:27 | Comment(0) | 教養 > 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

クリスマスのフロスト: R.D.ウィングフィールド/著、芹澤恵/翻訳

クリスマスのフロスト

著者 :R.D.ウィングフィールド/著、芹澤恵/翻訳
価格 : 1,296円
時間 :18時間46分
ナレーター :浅科淳平
出版社 :東京創元社
出版日 :1994/9/30
配信日 :2015/12/24
分割ファイル数 : 57個
ファイル容量 : 1031 MB (通常版) / 516 MB (倍速版)

内容紹介

「週刊文春」1994年ミステリーベスト10、海外部門で第1位となった、
20年間ミステリファンに愛され続ける傑作第1巻がついにオーディオブック化!

重度の仕事中毒にして世界一下品なフロスト警部が続発する難事件に取り組む大人気の一冊。
ブラックジョークもふんだんに盛り込まれた一冊を、ぜひじっくりとお楽しみください。


冬のデントン警察署は、最低で最高なフロスト警部の独壇場!
雪が降り積もり、厳かで、それでもどこか華やいで浮き足立った雰囲気の漂う、イギリスの田舎町のクリスマス。

そんなロマンチックな雰囲気を潔いほどぶち壊しにしてくれるフロスト警部は、
「本当に主人公なの?」と疑いたくなるほどだらしなくて迷惑なオヤジです。

しかし物語が進むほど、彼のブラックジョークも益々冴えわたり、
聴き終えたら思わず「あ〜面白かった」と口に出してしまうはず。

一見何の関係もなさそうな三つの事件が、
彼の嗅覚と行動力によって少しずつ繋がっていくのを目の当たりにすれば、
あなたもフロスト中毒の仲間入り間違いなしです。

既に読んだことのある方は、フロスト警部とマレット署長の
「あの」会話を耳で聴けることを想像してみて下さい。
そして、まだ本作品をご存じない方、普段ミステリをあまり読まないという方も
朗読でさらに引き立つ作品の魅力に気づくことが出来るオーディオブックです。

【あらすじ】
ロンドンから70マイル離れた田舎町の警察署には、
もうすぐクリスマスだというのに、少女の失踪、銀行強盗未遂、
更には30年前の現金輸送車襲撃と、次々と事件が持ち込まれる。

続発する難事件を前に、重度の仕事中毒にして世界一下品なフロスト警部が、
部下のクライヴ刑事を振り回しながら一大奮闘を繰り広げる。

目次

日曜日
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
訳者あとがき

試聴できますよ
クリスマスのフロスト
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:49 | Comment(0) | 文芸・落語 > 海外文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

LOVE&FREE―世界の路上に落ちていた言葉:高橋 歩

LOVE&FREE―世界の路上に落ちていた言葉

著者 :高橋 歩
価格 : 1,404円
時間 :1時間37分
ナレーター :山田晴久
出版社 :株式会社サンクチュアリ・パブリッシング
出版日 :2001/3/25
配信日 :2015/12/23
分割ファイル数 : 9個
ファイル容量 : 89.1 MB (通常版) / 45 MB (倍速版)

内容紹介

著作の累計部数が190万部を超える、高橋歩の人気作が登場!

1998年11月から2000年7月にかけての1年8ヶ月、結婚したばかりの妻とともに
オーストラリア、東南アジア、ユーラシア、ヨーロッパ、アフリカ、南米、北米、
そして日本を旅した冒険旅行記です。

世界中の現地の人々の暮らしや雄大な自然と自身の繋がりに目を向け、
人生にとって本当に大切なものは何かを問いかけ、素直な感性であなたに語りかけます。
実業者としての著者の視点・感性を旅での言葉を通じて感じてみませんか?

『オマエハ ナニガ ホシインダ?
それに答えられない人は、旅を続けられないぜ。』

仕事について、人生について、そして愛する人との暮らしについて
世界の各地で自分の「ココロの井戸」を掘るように書かれた詩の数々が
あなたの心に語りかけてきます。

東京という空間で夢や理想を手に入れてきた著者が、
旅を続け世界中でみた「リアル」と向き合うシンプルで直感的な感性に
心動かされることでしょう。

忘れかけていたあなたの夢や、大切な人への愛、自由でいたい気持ちを
いま一度、思い起こしてみませんか?

目次

はじめに
Journey1 オーストラリアへ
Journey2 東南アジアへ
Journey3 ユーラシアへ
Journey4 ヨーロッパへ
Journey5 アフリカへ
Journey6 南米&北米へ
JourneyFinal 日本へ

試聴できますよ
LOVE&FREE―世界の路上に落ちていた言葉
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:26 | Comment(0) | 自己啓発 > 生き方・人生論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする