2016年10月01日

プロカウンセラーの共感の技術:杉原 保史


プロカウンセラーの共感の技術

著者 杉原 保史
価格 1,512円
再生時間 5時間33分
出版社 創元社
出版日 2015/01/21
配信日 2016/10/01
分割ファイル 45個
ファイル容量 305MB(通常版)/152.5MB(倍速版)
付属資料 なし
キャンペーン まとめておトクキャンペーン キャンペーン対象商品



作品紹介

40万部突破のベストセラー『聞く技術』に続き、心のプロが対人関係スキルをわかりやすく紹介する杉原保史著『プロカウンセラーの共感の技術』がオーディオブック化!


相手の気持ちに寄り添い、豊かな人間関係を築くためには、相手への深い共感が欠かせません。
人の話を聞くプロであるカウンセラーは、どのように相手への共感を自分の中に生み出すのか?
話の聴き方、共感の伝え方、愚痴の聴き方など、職場でも、家族や友人との関係の中でも生かすことができる一冊です。


あなたの周りに、

「この人といい関係を築きたいのに、いつも衝突してしまう」
「どうしてこんないい方ばかりするのだろう」
「どうして話をちゃんと聞いてくれないのだろう」

など、関係を築くのが難しいと感じる相手はいませんか?


また、身近な家族や友人がつらい思いをしているとき、その人の気持ちに寄り添いたいが、どうしたらいいかわからないと感じることはありませんか?


このように豊かな人間関係を築き、相手と分かり合いたいときには、相手への深い共感が欠かせません。


本作品では、日々多くの人の相談を受け、話を聞いているプロのカウンセラーが、共感の技術をわかりやすく紹介しています。


何とかしてよい関係を築きたいと感じる相手に、心を開いてもらうにはどうすればいいのか。
ネガティブな感情に向き合うにはどうすればいいのか。
どうしても共感できない、自分とは違う考え方の人だと感じてしまうときにはどうするのか。


様々な角度から共感について掘り下げ、自身の体験的知恵をもとに技の数々を紹介する本作品は、きっとあなたの対人関係スキルの向上につながる、多くの学びを与えてくれることでしょう。




目次

序 東山紘久
はじめに
1 共感とは何か
2 孤独なのになぜ人と関わりたくないのか
3 苦境を乗り越える力
4 「考えるな、感じろ」――ブルース・リーの教え
5 すべてをありのままに感じる
6 相手の思いを受け取るように聴く
7 自分の意見は脇に置く
8 共感する気持ちを表現する
9 経験と訓練によって獲得されるもの
10 価値判断をしない――受容するということ
11 何が変化を促すのか
12 ネガティブな感情とどう取り組むか
13 「悲しいんです」「悲しいんだね」──共感と反射
14 相手に気づきをもたらす関わり方
15 すぐに分かろうとしない
16 「淋しいんですか?」と「淋しいんですね」 
17 言葉にされないものを聴き取る
18 声のトーンを聴く
19 相づちの打ち方
20 葛藤の両面に触れる
21 浅い共感、深い共感
22 言葉を使わずに表現する方法
23 自分を語ることが共感を深める
24 「おかしい」で片づけない
25 相手を信じて賭ける勇気を持つ
26 共感しすぎるということ
27 関わりと観察のバランス
28 ポジティブな感情への共感
29 リラックスして話を聴く─―ユーモア、驚きを感じるゆとり
30 共感的な愚痴の聴き方
31 自分の中にある認めたくない部分
32 拒否する人とどう関わるか
33 自然への共感は生きる力を生む
34 対立する相手への共感
35 悪意の背後にある傷つきへのまなざし
36 家族への共感はなぜ難しいのか
37 共感が失敗する瞬間─―愛情と虐待の表と裏
38 調教名人は罰を使わない─―相手を信頼すること
39 まず模倣から始めよう
40 どうしても共感できないとき
41 ハイテク医療に求められる共感的関わり
42 死を想え、そして共感を生きよう
あとがき


試聴できますよ
耳で読む本、オーディオブック 「プロカウンセラーの共感の技術」― 杉原 保史 配信中!
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 16:00 | Comment(0) | ビジネス > 話し方・コミュニケーション術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする