2019年09月30日

マネージャーの問題地図 ~「で、どこから変える?」あれもこれもで、てんやわんやな現場のマネジメント:沢渡あまね

ナレーター大谷幸司
再生時間 04:20:06
出版社 技術評論社
出版日 2018/8/7
配信日 2019/9/30
図表 7 枚
チャプター数 13
倍速版 あり

マネージャーの問題地図 ~「で、どこから変える?」あれもこれもで、てんやわんやな現場のマネジメント:沢渡あまね



マネージャーの問題地図 ~「で、どこから変える?」あれもこれもで、てんやわんやな現場のマネジメント:沢渡あまね



作品紹介

累計18万部突破の問題地図シリーズ最新作!
マネージャーが1人で頭を抱えて疲弊する今日を、
チームのみんなが笑顔で成長する明日に変えるヒント満載

「昨年以上の成果を出せ」
「生産性を上げろ」「雑談力も上げろ」
「チームの一体感やモチベーション向上も管理職の責任だ」
「ただし予算は増やせない」「人も増やせない」
「残業はさせるな」

そんなプレッシャーと制約で悩む中間管理職の問題、
どこから、どう手をつけていけばいいか?

管理職1人で抱え込まず、チームプレイでともに成長しながら乗り切る!
そのための方法を教えます。




ここでは試聴ができますよ
マネージャーの問題地図 ~「で、どこから変える?」あれもこれもで、てんやわんやな現場のマネジメント:沢渡あまね








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 14:26 | Comment(0) | ビジネス > 経営戦略・組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

<育てる経営>の戦略:高橋伸夫

ナレーター西村不二人
再生時間 07:38:57
出版社 講談社
出版日 2005/4/9
配信日 2019/9/29
図表 5 枚
チャプター数 23
倍速版 あり

<育てる経営>の戦略:高橋伸夫



<育てる経営>の戦略:高橋伸夫



作品紹介

『虚妄の成果主義』の著者によるこれからの経営論!

「客観評価」「評価のフィードバック」を掲げ、
給料格差と勤労意欲の連動を信じた成果主義はいちばん大切な人材育成機能を破壊した。

いま、企業はどのようなシステムを再構築すべきなのか。
「やり過ごし」「尻ぬぐい」など先達の知恵と経営戦略論が明かす<育てる経営>の思想。

第1章 客観評価の虚妄
第2章 貧困な発想
第3章 『虚妄の成果主義』が批判したもの
第4章 目的はモチベーション
第5章 人的資源は買えない
第6章 競争優位の源泉としての資源・能力蓄積過程
第7章 例解:発明の対価
第8章 育てる経営




ここでは試聴ができますよ
<育てる経営>の戦略:高橋伸夫








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:24 | Comment(0) | ビジネス > 経営戦略・組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

心。:稲盛和夫

ナレーター茶川亜郎
再生時間 04:43:20
出版社 サンマーク出版
出版日 2019/6/20
配信日 2019/9/27
図表 なし
チャプター数 12
倍速版 あり

心。:稲盛和夫



心。:稲盛和夫



作品紹介

ミリオンセラー『生き方』待望の続編が、15年の時を経て刊行!
すべては心≠ノ始まり、心≠ノ終わる。

京セラとKDDIという2つの世界的大企業を立ち上げ、
JAL(日本航空)を奇跡の再生≠ヨと導いた、
当代随一の経営者がたどりついた、究極の地平とは?

これまで歩んできた80余年の人生を振り返り、
また半世紀を超える経営者としての経験を通じて、
著者がいま伝えたいメッセージ――それは、「心がすべてを決めている」ということ。
人生で起こってくるあらゆる出来事は自らの心が引き寄せたものであり、
すべては心が描いたものの反映である。それを著者は、この世を動かす絶対法則だという。

だから、どんな心で生きるか、心に何を抱くかが、人生を大きく変えていく。
それは人生に幸せをもたらす鍵であるとともに、物事を成功へと導く極意でもあるという。
つねに経営の第一線を歩きつづけた著者が、
心のありようと、人としてのあるべき姿を語り尽くした決定版。

よりよい生き方を希求するすべての人たちに送る、「稲盛哲学」の到達点。






ここでは試聴ができますよ
心。:稲盛和夫








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:52 | Comment(0) | 自己啓発 > 生き方・人生論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

なぜマネジメントが壁に突き当たるのか―成長するマネジャー12の心得:田坂広志

ナレーター西村不二人
再生時間 06:09:21
出版社 東洋経済新報社
出版日 2002/4/24
配信日 2019/9/26
図表 なし
チャプター数 21
倍速版 あり

なぜマネジメントが壁に突き当たるのか―成長するマネジャー12の心得:田坂広志



なぜマネジメントが壁に突き当たるのか―成長するマネジャー12の心得:田坂広志



作品紹介

あの「暗黙知の経営」が講義となって帰ってきた。
少し深い世界を見つめるだけであなたのマネジメントが変わる、12の語り、12の気づき。

なぜ「論理的」な人間が社内を説得できないのか、
なぜ「原因究明」によって問題を解決できないのか、
なぜ「ベスト・チーム」が必ずしも成功しないのか…。

著者は、マネジャーが直面しがちなこうした「逆説」を12例挙げて、
なぜそれが生じ、どうすれば乗り越えられるかを、
独自の「暗黙知」のマネジメント哲学によって解き明かしている。

では、どうすればそれが乗り越えられるのか。
著者は「企業全体をその複雑性のままに理解する手法が求められる」として、
「直観力」と「洞察力」の2つをその答えに据えている。
そしてそれは「論理を突き抜けるまで論理思考に徹する修練」でしか身につかないとも論じている。

本書で一貫して強調されるこの「徹する」という哲学的境地は、
マネジャーとしての精神のあり方に強烈なインパクトを与えるはずだ。
従来のマネジメントがとらえきれなかった世界の輪郭が、ここに見事に浮び上がっている。




ここでは試聴ができますよ
なぜマネジメントが壁に突き当たるのか―成長するマネジャー12の心得:田坂広志








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 17:15 | Comment(0) | ビジネス > 経営戦略・組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教養としてのテクノロジー―週刊東洋経済eビジネス新書No.232:週刊東洋経済編集部

ナレーター可児勇武
再生時間 01:54:02
出版社 東洋経済新報社
配信日 2019/9/26
図表 4 枚
チャプター数 11
倍速版 あり

教養としてのテクノロジー―週刊東洋経済eビジネス新書No.232:週刊東洋経済編集部



教養としてのテクノロジー―週刊東洋経済eビジネス新書No.232:週刊東洋経済編集部



作品紹介

今、4度目の産業革命が始まろうとしている。牽引役となるのは、AI(人工知能)だ。ここ数年世界では、AIやIoTに関するベンチャー企業に投資マネーが押し寄せている。新しい技術の誕生に際しては、「それはいったい何なのか」「今後どのような影響を及ぼすのか」を見極め、合理的な戦略を選ぶしかない。その眼力のない人は、必ず競争力を失う。コンピュータとインターネットを中心とするテックの動向と、底流にある原理を伝える。




ここでは試聴ができますよ
教養としてのテクノロジー―週刊東洋経済eビジネス新書No.232:週刊東洋経済編集部








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:33 | Comment(0) | 教養 > 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする