2020年08月19日

こじらせ仕事のトリセツ:飯田剛弘,丸山哲也

ナレーター喜多幡優
再生時間 03:39:16
出版社 技術評論社
出版日 2020/4/16
販売開始日 2020/8/19
図表 なし
チャプター数 11
倍速版 あり

こじらせ仕事のトリセツ:飯田剛弘,丸山哲也


こじらせ仕事のトリセツ:飯田剛弘,丸山哲也



作品紹介

こじらせる原因と対処法がわかれば、仕事はもっとラクになる!予定通りのスケジュールで進められる、コミュニケーションでもめない、めんどうな作業を避けられる、失敗にうまく対処できる。

著者について
●飯田 剛弘(いいだ よしひろ)
ビジネスファイターズ 代表
全米大学優等生協会(Phi Kappa Phi)所属
愛知県生まれ。南オレゴン大学卒業後、インサイトテクノロジー入社。インド企業とのソフトウェア共同開発プロジェクトに従事。その傍ら、プロジェクトマネジメント協会(PMI)の標準本の出版翻訳に携わる。
マーケティングに特化後は、2年連続シェア1位獲得に貢献 (ミック経済研究所)。
外資系企業のFAROでは、日本、韓国、東南アジア、オセアニアのマーケティング責任者として、日本から海外チームをマネジメントし、アジア太平洋地域でのマーケティングやプロジェクトに取り組む。人材育成や多様性のあるチーム作りにも力を入れ、1on1ミーティングは1,000回を超える。
多様なメンバーと結果を出してきた経験を基に、現在、講演や研修、執筆、コンサルティングなど多方面で活動中。
著書に『PMBOK対応 童話でわかるプロジェクトマネジメント』(秀和システム)、『仕事は「段取りとスケジュール」で9割決まる!』(明日香出版社)がある。

●丸山 哲也(まるやま てつや)
愛知県出身。京都大学大学院修士課程修了(情報学)。2003年に日立製作所システム開発研究所入社。ソフトウェアの研究やシステム開発などのプロジェクトに参画や特許を10件執筆するなどを行う。
2008年日立コンサルティング入社。コンサルタントとして複数のプロジェクトに参画。
2013 年より株式会社アドバンテックの経営企画部マネージャーとして、多岐かつ多様な案件のPMを経験。
これまで、一人ですべてを行う小規模から部門を横断する大規模プロジェクトまで経験している。また、プロジェクトの内容も、経営計画の策定や企業統合の支援といった経営に関する案件から、太陽光発電所の資金調達のようなファイナンス案件、大規模システムの更新やシステム開発など、様々な分野でのプロジェクト経験を有する。



ここでは試聴ができますよ
こじらせ仕事のトリセツ:飯田剛弘,丸山哲也








【自己啓発 > 仕事術の最新記事】
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 09:08 | Comment(0) | 自己啓発 > 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: