2019年09月26日

なぜマネジメントが壁に突き当たるのか―成長するマネジャー12の心得:田坂広志

ナレーター西村不二人
再生時間 06:09:21
出版社 東洋経済新報社
出版日 2002/4/24
配信日 2019/9/26
図表 なし
チャプター数 21
倍速版 あり

なぜマネジメントが壁に突き当たるのか―成長するマネジャー12の心得:田坂広志



なぜマネジメントが壁に突き当たるのか―成長するマネジャー12の心得:田坂広志



作品紹介

あの「暗黙知の経営」が講義となって帰ってきた。
少し深い世界を見つめるだけであなたのマネジメントが変わる、12の語り、12の気づき。

なぜ「論理的」な人間が社内を説得できないのか、
なぜ「原因究明」によって問題を解決できないのか、
なぜ「ベスト・チーム」が必ずしも成功しないのか…。

著者は、マネジャーが直面しがちなこうした「逆説」を12例挙げて、
なぜそれが生じ、どうすれば乗り越えられるかを、
独自の「暗黙知」のマネジメント哲学によって解き明かしている。

では、どうすればそれが乗り越えられるのか。
著者は「企業全体をその複雑性のままに理解する手法が求められる」として、
「直観力」と「洞察力」の2つをその答えに据えている。
そしてそれは「論理を突き抜けるまで論理思考に徹する修練」でしか身につかないとも論じている。

本書で一貫して強調されるこの「徹する」という哲学的境地は、
マネジャーとしての精神のあり方に強烈なインパクトを与えるはずだ。
従来のマネジメントがとらえきれなかった世界の輪郭が、ここに見事に浮び上がっている。




ここでは試聴ができますよ
なぜマネジメントが壁に突き当たるのか―成長するマネジャー12の心得:田坂広志








【ビジネス > 経営戦略・組織論の最新記事】
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 17:15 | Comment(0) | ビジネス > 経営戦略・組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: