2020年08月24日

ひと:小野寺史宜

ナレーター広瀬裕也,鈴代紗弓,佐藤晴男,大西弘祐,兼政郁人,依田菜津,浜田洋平,藤田曜子,
再生時間 08:53:22
出版社 祥伝社
出版日 2018/4/11
販売開始日 2020/8/24
図表 なし
チャプター数 22
倍速版 あり

ひと:小野寺史宜


ひと:小野寺史宜



作品紹介

たった一人になった。でも、ひとりきりじゃなかった。

両親を亡くし、大学をやめた二十歳の秋。
見えなくなった未来に光が射したのは、
コロッケを一個、譲った時だった――。

激しく胸を打つ、青さ弾ける傑作青春小説!


母の故郷の鳥取で店を開くも失敗、交通事故死した調理師の父。女手ひとつ、学食で働きながら一人っ子の僕を東京の大学に進ませてくれた母。
――その母が急死した。柏木聖輔は二十歳の秋、たった一人になった。
全財産は百五十万円、奨学金を返せる自信はなく、大学は中退。仕事を探さなければと思いつつ、動き出せない日々が続いた。
そんなある日の午後、空腹に負けて吸い寄せられた商店街の総菜屋で、
買おうとしていた最後に残った五十円コロッケを見知らぬお婆さんに譲った。
それが運命を変えるとも知らずに……。

そんな君を見ている人が、きっといる――。



ここでは試聴ができますよ
ひと:小野寺史宜








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:28 | Comment(0) | 文芸・落語 > 現代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: