2019年10月17日

ドラッカー名著集 〈10〉 産業人の未来:P.F.ドラッカー,上田惇生/訳

ナレーターサカウエ稔
再生時間 08:44:55
出版社 ダイヤモンド社
出版日 2008/1/19
配信日 2019/10/17
図表 なし
チャプター数 24
倍速版 あり

ドラッカー名著集 〈10〉 産業人の未来:P.F.ドラッカー,上田惇生/訳



ドラッカー名著集 〈10〉 産業人の未来:P.F.ドラッカー,上田惇生/訳



作品紹介

前著作『「経済人」の終わり』のあとを受け、ファシズム敗退後の戦後平和経済の建設のあり方を明らかにしたドラッカー2作目の野心作。

来るべき産業社会が、19世紀や20世紀初頭の社会とはその構造、課題、価値観、機会において異なることを予見した。
そして、その産業社会が戦後世界において経済発展と社会的偉業の数々をもたらすであろうことを見通した。

一人ひとりが「位置」と「役割」を与えられ
権力が「正統性」をもたなければ、社会は機能しない。
反中央、地域志向、反教条主義の「自由」を保守すべき根拠を掘り下げ、第二次大戦のただ中、戦後世界が「産業社会」になると予見し、その青写真と、米国の使命を明快に論じきった堂々の力作にして、生涯を貫く問題意識と方法論を知る社会改革への野心作。


ここでは試聴ができますよ
ドラッカー名著集 〈10〉 産業人の未来:P.F.ドラッカー,上田惇生/訳
















posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:31 | Comment(0) | 文芸・落語 > エッセイ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: