2020年05月02日

ビジネスエリートがなぜか身につけている 教養としての落語:立川談慶

ナレーター市川和也
再生時間 05:14:49
出版社 サンマーク出版
出版日 2020/1/7
販売開始日 2020/5/2
図表 1 枚
チャプター数 16
倍速版 あり

ビジネスエリートがなぜか身につけている 教養としての落語:立川談慶


ビジネスエリートがなぜか身につけている 教養としての落語:立川談慶



作品紹介

なぜエリートはこぞって落語をききたがるのか!?

和製チャーチルと称された吉田茂元首相が愛した、落語。
あのピーター・ドラッカーが絶賛した実業家・渋沢栄一が愛した、落語。

落語は
●大物政治家や経営者が「人の心をつかむ術」を身につけるツールとして
●ビジネスエリートが「日本の文化・価値観」「人間の変わらない本質」を知るツールとして
長年親しまれてきました。
そんな“教養としての落語”を
立川談志の弟子であり、
慶應義塾大学卒、元ビジネスマンという異色の経歴の持ち主である立川談慶氏が
教えます。

また、本書は落語だけでなく、
日本人として知っておきたい日本の伝統芸能から、世界の笑いまで!
これ1冊で学べます!

これを読めば、誰かに話したくなること間違いなし!

(誰かに話せば一目置かれる本書の内容↓↓)
・パーティーで落語演目「一眼国」が絶賛された理由
・落語は人間の失敗図鑑である
・落語の原点は、仏教の聖書的存在!?
・78歳の昭和名人が最後の高座で放ったシビれるひと言とは!?
・なぜ人間国宝は歌舞伎役者に多くて、落語家に少ないのか!?
・神田松之丞さんで有名な講談と落語の違いは武士か庶民か
・古典落語に「忠臣蔵」がないわけ
・言えると一目置かれる「芝浜だけに」の意味
・不倫ネタは落語の世界でもたくさん存在する



ここでは試聴ができますよ
ビジネスエリートがなぜか身につけている 教養としての落語:立川談慶








【文芸・落語 > 落語の最新記事】
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 09:52 | Comment(0) | 文芸・落語 > 落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: