2017年01月05日

一万年の旅路 ネイティヴ・アメリカンの口承史:ポーラ アンダーウッド


一万年の旅路 ネイティヴ・アメリカンの口承史

著者 ポーラ アンダーウッド
価格 2,700円
ナレーター 尾田木美衣
再生時間 20時間16分
出版社 翔泳社
出版日 1998/05/26
配信日 2017/01/05
分割ファイル 62個
ファイル容量 1113.6MB(通常版)/556.8MB(倍速版)
付属資料 1ページ





作品紹介


人類の一万年にわたる旅の歴史を口承史として現代に伝える、壮大な物語がオーディオブックとなって登場。



人類ははるか一万年前、ベーリング陸橋を越え、アジアから北米へ渡った。
イロコイ族の系譜をひく女性が未来の世代へ贈る、一万年間語り継がれたモンゴロイドの大いなる旅路。
長く口承で伝わり、著者が英語で出版し、さらに日本へと届けられた人類の物語を、いま新たに音声で届けます。



アメリカ大陸に住む、インディアンとも呼ばれるネイティブ・アメリカンの人々は、その昔ベーリング海峡が陸続きたっだころベーリング陸橋をわたり、アジア大陸へ渡ってきたモンゴロイドの子孫だという説が定着しつつあります。



本作品「一万年の旅路」は、ネイティブアメリカンのイロコイ族に伝わる口承史であり、物語ははるか一万年以上も前、一族が長らく定住していたアジアの地を旅立つ所から始まります。



彼らがベーリング陸橋を超え北米大陸にわたり、五大湖のほとりに永住の地を見つけるまでの出来事が本作品には緻密に描写され、定説を裏付ける証言となっています。



イロコイ族の系譜をひく著者ポーラ・アンダーウッドは、この遺産を継承し、それを次世代に引き継ぐ責任を自ら負い、ネイティブ・アメリカンの知恵を人類共通の財産とするべく英訳出版に踏み切りました。



本作品はさらにそれを日本語訳した作品を、全編、オーディオブックとして本来の「声」の形でお届けするものです。



人類がたどった1万年の旅の物語を、じっくりとお聴きください。





目次

献辞
はしがき
はじめに
一つめの主な語り
二つめの主な語り
山の語り三つ
草の大海
はじめの民の子―学びへの多くの道
われらが美しいと名づける川
東の大海
美しい湖
訳者あとがき



試聴できますよ
耳で読む本、オーディオブック 「一万年の旅路 ネイティヴ・アメリカンの口承史」― ポーラ アンダーウッド 配信中!





【教養 > 世界史の最新記事】
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 14:32 | Comment(0) | 教養 > 世界史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: