2020年07月10日

会社であった泣ける話[ファン文庫Tears朗読ブック]:石田空,一色美雨季,金沢有倖,神野オキナ,鍬津ころ,澤ノ倉クナリ,霜月りつ,杉背よい,猫屋ちゃき,溝口智子,南潔

ナレーター阿部文香,岡田昌宜,かがみもえ,酒井孝祥,篠崎愛,月舞海玖,月森梗心,東條大輔,藤井孝弘,撫養佑樹,夢咲叶
再生時間 03:41:29
出版社 株式会社マイナビ
出版日 2020/6/10
販売開始日 2020/7/10
図表 なし
チャプター数 11
倍速版 なし

会社であった泣ける話[ファン文庫Tears朗読ブック]:石田空,一色美雨季,金沢有倖,神野オキナ,鍬津ころ,澤ノ倉クナリ,霜月りつ,杉背よい,猫屋ちゃき,溝口智子,南潔


会社であった泣ける話[ファン文庫Tears朗読ブック]:石田空,一色美雨季,金沢有倖,神野オキナ,鍬津ころ,澤ノ倉クナリ,霜月りつ,杉背よい,猫屋ちゃき,溝口智子,南潔



作品紹介

あなたが最後に泣いたのは、いつだったか覚えていますか?
本書は日々の生活で疲れているあなたに、一粒の涙を届けるために作られました。

収録されているのは、(悲しいのではなく)感動して泣ける珠玉の短編。
あなた好みのストーリーがきっと見つかるはず。

本書では「会社」であっったことにまつわるエピソードを掲載しました。
「働く」ということについて、共感できるお話がきっとあります。

<収録話>
すべての明かりが灯る夜(著者 杉背よい/朗読 夢咲叶)
おうちの卒業証書(著者 猫屋ちゃき/朗読 酒井孝祥)
自分の価値を決めるのは(著者 金沢有倖/朗読 月森梗心)
ある日、暗闇がおとずれ(著者 溝口智子/朗読 岡田昌宜)
俺は安藤課長を怒らせたい!(著者 南潔/朗読 藤井孝弘)
アリの巣にて(著者 鍬津ころ/朗読 かがみもえ)
企画室より愛を込めて(著者 石田空/朗読 月舞海玖)
カラスは舞い降りた(著者 霜月りつ/朗読 篠崎愛)
部長と南国花子さん(著者 一色美雨季/朗読 東條大輔)
すべては煙になり(著者 神野オキナ/朗読 撫養佑樹)
雨を泳ぎ、波紋を渡る(著者 澤ノ倉クナリ/朗読 阿部文香)



ここでは試聴ができますよ
会社であった泣ける話[ファン文庫Tears朗読ブック]:石田空,一色美雨季,金沢有倖,神野オキナ,鍬津ころ,澤ノ倉クナリ,霜月りつ,杉背よい,猫屋ちゃき,溝口智子,南潔








【アニメ > ラノベ・アニメ・ラジオドラマの最新記事】
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 10:09 | Comment(0) | アニメ > ラノベ・アニメ・ラジオドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: