2019年06月05日

凡人として生きるということ:押井守

ナレーター佐々木健
再生時間 03:40:51
出版社 幻冬舎
出版日 2008/7/1
配信日 2019/6/5
図表 なし
チャプター数 13
倍速版 あり

凡人として生きるということ:押井守



凡人として生きるということ:押井守



作品紹介

世の中は95%の凡人と5%の支配層で構成されている。
が、5%のために世の中はあるわけではない。
平凡な人々の日々の営みが社会であり経済なのだ。
しかし、その社会には支配層が流す「若さこそ価値がある」「友情は無欲なものだ」といった
さまざまな“嘘”が“常識”としてまかり通っている。
嘘を見抜けるかどうかで僕たちは自由な凡人にも不自由な凡人にもなる。
自由な凡人人生が最も幸福で刺激的だと知る、押井哲学の真髄。



ここでは試聴ができますよ
凡人として生きるということ:押井守








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:27 | Comment(0) | 自己啓発 > 生き方・人生論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: