2021年01月22日

吾輩は猫である 夏目漱石(AI音声による朗読):夏目漱石

ナレーター ROBOTVOICE
再生時間 16:47:41
販売開始日 2021/1/22
図表 なし
チャプター数 99
倍速版 なし

吾輩は猫である 夏目漱石(AI音声による朗読):夏目漱石


吾輩は猫である 夏目漱石(AI音声による朗読):夏目漱石



作品紹介

『吾輩は猫である』(わがはいはねこである)は、夏目漱石の長編小説であり、処女小説である。1905年(明治38年)1月、『ホトトギス』に発表され、好評を博したため、翌1906年(明治39年)8月まで継続した。上、1906年10月刊、中、1906年11月刊、下、1907年5月刊。

「吾輩は猫である。名前はまだ無い。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。」という書き出しで始まり、中学校の英語教師である珍野苦沙弥の家に飼われている猫である「吾輩」の視点から、珍野一家や、そこに集う彼の友人や門下の書生たち、「太平の逸民」(第二話、第三話)の人間模様が風刺的・戯作的に描かれている
以上Wikipediaより。

ユーモア、コメディー、ギャグ、落語、あらゆるお笑いの要素を含む世にも稀なお笑い小説、大長編かつ世紀の傑作!
高性能AI音声による朗読です。



ここでは試聴ができますよ
吾輩は猫である 夏目漱石(AI音声による朗読):夏目漱石








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 09:30 | Comment(0) | 文芸・落語 > 名作文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: