2020年06月11日

坂の途中の家:角田光代

ナレーター八木田幸恵
再生時間 17:30:46
出版社 朝日新聞出版
出版日 2016/1/7
販売開始日 2020/6/11
図表 なし
チャプター数 42
倍速版 あり

坂の途中の家:角田光代


坂の途中の家:角田光代



作品紹介

最愛の娘を殺した母親は、私かもしれない――。
虐待事件の補充裁判員になった里沙子は、子どもを殺した母親をめぐる証言にふれるうち、いつしか彼女の境遇に自らを重ねていくのだった。

社会を震撼させた乳幼児虐待事件と〈家族〉であることの光と闇に迫る心理サスペンス。

感情移入度100パーセントの社会派エンターテインメント!
私は、果たして、文香を愛しているんだろうか。もちろん愛していると思っている。
いなくなったらと考えただけで胸がふさがる思いがする。
(略)それでも、文香を自分より大切なものと思えるだろうか。
かわいい、かけがえのない子どもと思えるだろうか。



ここでは試聴ができますよ
坂の途中の家:角田光代








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:45 | Comment(0) | 文芸・落語 > 現代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: