2019年06月11日

感動経営――世界一の豪華列車「ななつ星」トップが明かす49の心得:唐池恒二

ナレーター佐々木健
再生時間 05:57:23
出版社 ダイヤモンド社
出版日 2018/9/13
配信日 2019/6/11
図表 1 枚
チャプター数 17
倍速版 あり

感動経営――世界一の豪華列車「ななつ星」トップが明かす49の心得:唐池恒二



感動経営――世界一の豪華列車「ななつ星」トップが明かす49の心得:唐池恒二



作品紹介

☆『カンブリア宮殿』で話題沸騰!
最高競争率316倍!
世界一の豪華列車「ななつ星」初公開・感動秘話、一挙公開!

☆赤字300億円から黒字500億円へ!
8年連続増収!

☆経営の原理原則をトップがはじめて説く!
◆感動のない仕事は仕事ではない
◆異端を尊ぶと会社は元気になる
◆管理職手当とは「靴代」である
◆「序・破・急」が感動をつくる
◆「挨拶、夢、スピード」が組織を元気にする
◆文書は、明朝体よりゴシック体一枚で
◆2メートル以内で語り合えば、何でも解決する
◆数字は細かくすると楽しくなる
◆赤字2億円→黒字1000万円→過去最高益になった外食店
◆落合流を経営に活かしたら、売上がぐんぐんアップ
◆涙がボロボロあふれて止まらない! 九州新幹線開業直前に自前でつくった幻のテレビCM『祝! 九州』

☆鉄道会社なのに、ホテル、流通、不動産、建設、外食、ドラッグストアなど売上の6割を鉄道以外の収入にして8年連続増収!
どん底から東証一部上場!

<著者からのメッセージ>
“感動飢餓"の時代。
現代は、こういい表せる時代ではないだろうか。
JR九州には現在、37のグループ会社がある。
JRというと鉄道がメインだと思われるだろうが、売上の6割を鉄道以外の事業であげている。
博多と韓国をつなぐ高速船「ビートル」、東京・赤坂にある「うまや」などの外食店、
不動産、農業、ドラッグストアなどその分野は多岐にわたる。
順風満帆だったわけではない。
国鉄分割民営化から北海道、四国とともに「三島(さんとう)JR」と中央では称され、逆境と屈辱を味わった。
幸いだったのは、当時の社員全員が「このままではJR九州は必ず潰れる」という強い危機感を共有できたことだ。
鉄道事業だけではいずれ立ちゆかなくなる、新たな活路を見出さなくては。
この思いを共にして、ちょっとやそっとうまくいかなくても歯を食いしばりながら、明るく前向きに日々の仕事に取り組んだ。
逆境となると、もう夢しかなかった。
大きな夢も小さな夢も、みんなとはたしたときの嬉しさは、どれも格別のものだった。
そんな時間を経たからこそ、いまの私が最も大切にしているもの。
それは、「感動のない仕事は仕事ではない」という思いだ。(中略)

経営は、ひとに感動を与えるためにある。
経営は、感動することからはじまるのだ。
こんな思いで、本書『感動経営』を書き上げた。
この一冊で、読者の皆さんを感動させることができたなら、私もまた書いた者として感動することができる。
ぜひ、素晴らしい感動の授受を。







ここでは試聴ができますよ
感動経営――世界一の豪華列車「ななつ星」トップが明かす49の心得:唐池恒二








【ビジネス > 企業・ケースタディの最新記事】
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 14:52 | Comment(0) | ビジネス > 企業・ケースタディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: