2020年02月06日

日本のヤバい女の子:はらだ 有彩

ナレーターやがら純子
再生時間 05:23:42
出版社 柏書房
出版日 2018/5/28
販売開始日 2020/2/6
図表 なし
チャプター数 13
倍速版 あり

日本のヤバい女の子:はらだ 有彩


日本のヤバい女の子:はらだ 有彩



作品紹介

イザナミノミコト、乙姫、かぐや姫、虫愛づる姫、皿屋敷・お菊――。

日本の昔話や神話に登場するエキセントリックな「女の子」たち。キレやすかったり、バイオレンスだったり、そもそも人間じゃなかったり。彼女たちは自由奔放に見えても、現代を生きる私たちと同じように理不尽な抑圧のなかで懸命に生きていた。

作者は、友達とおしゃべりするように、彼女たちの人生に思いをいたして涙を流し、怒り、拍手と賛辞を送る。ときには、ありえたかもしれないもう一つの人生を思い描く。時空と虚実を飛び越えたヤバい女子会が、「物語」という呪縛から女の子たちを解放する。

ウェブマガジン「アパートメント」の人気連載を、大幅加筆・修正しての書籍化。優しくもパワフルな文章に、フレッシュなイラストが映える、懐かしくて新しい昔話×女子系エッセイ、ここに誕生!



ここでは試聴ができますよ
日本のヤバい女の子:はらだ 有彩








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 14:12 | Comment(0) | 文芸・落語 > エッセイ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: