2020年08月29日

暇と退屈の倫理学:國分功一郎

ナレーター茶川亜郎
再生時間 13:43:44
出版社 太田出版
出版日 2015/3/7
販売開始日 2020/8/29
図表 2 枚
チャプター数 35
倍速版 あり

暇と退屈の倫理学:國分功一郎


暇と退屈の倫理学:國分功一郎



作品紹介

「わたしたちはパンだけでなく、バラも求めよう。
生きることはバラで飾られねばならない」
明るく潑剌と、人生の冒険に乗りだすための勇気を!
新版に寄せた渾身の論考「傷と運命」(13,000字)を付す。

序章 「好きなこと」とは何か?
第一章 暇と退屈の原理論──ウサギ狩りに行く人は本当は何が欲しいのか?
第二章 暇と退屈の系譜学──人間はいつから退屈しているのか?
第三章 暇と退屈の経済史──なぜ“ひまじん"が尊敬されてきたのか?
第四章 暇と退屈の疎外論──贅沢とは何か?
第五章 暇と退屈の哲学──そもそも退屈とは何か?
第六章 暇と退屈の人間学──トカゲの世界をのぞくことは可能か?
第七章 暇と退屈の倫理学──決断することは人間の証しか?
付録 傷と運命──『暇と退屈の倫理学』新版によせて



ここでは試聴ができますよ
暇と退屈の倫理学:國分功一郎








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:39 | Comment(0) | 自己啓発 > 生き方・人生論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: