2020年08月24日

極上の孤独:下重暁子

ナレーター北林きく子
再生時間 04:20:40
出版社 幻冬舎
出版日 2018/3/27
販売開始日 2020/8/24
図表 なし
チャプター数 11
倍速版 あり

極上の孤独:下重暁子


極上の孤独:下重暁子



作品紹介

現代では「孤独=悪」だというイメージが強く、
たとえば孤独死は「憐れだ」「ああはなりたくない」と一方的に忌み嫌われる。
しかし、それは少しおかしくないか。
そもそも孤独でいるのは、まわりに自分を合わせるくらいなら
一人でいるほうが何倍も愉しく充実しているからで、
成熟した人間だけが到達できる境地でもある。
「集団の中でほんとうの自分でいることは難しい」
「孤独を味わえるのは選ばれし人」
「孤独を知らない人に品はない」
「素敵な人はみな孤独」等々、一人をこよなく愛する著者が、孤独の効用を語り尽くす。



ここでは試聴ができますよ
極上の孤独:下重暁子








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:22 | Comment(0) | 自己啓発 > 生き方・人生論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: