2019年06月20日

極夜行:角幡唯介

ナレーター和村康市
再生時間 13:20:53
出版社 文藝春秋
出版日 2018/2/9
配信日 2019/6/20
図表 なし
チャプター数 34
倍速版 あり

極夜行:角幡唯介



極夜行:角幡唯介



作品紹介

ひとり極夜を旅して、四ヵ月ぶりに太陽を見た。まったく、すべてが想定外だった―。
太陽が昇らない冬の北極を、一頭の犬とともに命懸けで体感した探検家の記録。

ノンフィクション界のトップランナーによる最高傑作が誕生!

探検家にとっていまや、世界中どこを探しても”未知の空間“を見つけることは難しい。
大学時代から、様々な未知の空間を追い求めて旅をしてきた角幡唯介は、この数年冬になると北極に出かけていた。
そこには、極夜という暗闇に閉ざされた未知の空間があるからだ。

極夜――「それは太陽が地平線の下に沈んで姿を見せない、長い、長い漆黒の夜である。
そして、その漆黒の夜は場所によっては3カ月から4カ月、極端な場所では半年も続くところもある」(本文より)。

彼は、そこに行って、太陽を見ない数カ月を過ごした時、自分が何を思い、どのように変化するのかを知りたかった。
その行為はまだ誰も成し遂げていない”未知“の探検といってよかった。
シオラパルクという世界最北の小さな村に暮らす人々と交流し、力を貸してもらい、氷が張るとひとりで数十キロの橇を引いて探検に出た。相棒となる犬を一匹連れて。

本番の「極夜の探検」をするには周到な準備が必要だった。それに3年を費やした。
この文明の時代に、GPSを持たないと決めた探検家は、六分儀という天測により自分の位置を計る道具を用いたため、その実験や犬と自分の食料をあらかじめ数カ所に運んでおくデポ作業など、一年ずつ準備を積み上げていく必要があった。

そしていよいよ迎えた本番。2016年〜2017年の冬。
ひたすら暗闇の中、ブリザードと戦い、食料が不足し、迷子になり……、アクシデントは続いた。

果たして4カ月後、極夜が明けた時、彼はひとり太陽を目にして何を感じたのか。
足かけ4年にわたるプロジェクトはどういう結末を迎えたのか。

読む者も暗闇世界に引き込まれ、太陽を渇望するような不思議な体験ができるのは、ノンフィクション界のトップランナーである筆者だからこそのなせる業である。



ここでは試聴ができますよ
極夜行:角幡唯介








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 14:48 | Comment(0) | 文芸・落語 > エッセイ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: