2020年07月30日

楽しくなければ仕事じゃない : 「今やっていること」がどんどん「好きで得意」になる働き方の教科書:干場弓子

ナレーター中川奈美
再生時間 05:24:58
出版社 東洋経済新報社
出版日 2019/10/25
販売開始日 2020/7/30
図表 なし
チャプター数 15
倍速版 あり

楽しくなければ仕事じゃない : 「今やっていること」がどんどん「好きで得意」になる働き方の教科書:干場弓子


楽しくなければ仕事じゃない : 「今やっていること」がどんどん「好きで得意」になる働き方の教科書:干場弓子



作品紹介

全国の書店5000店と直取引!出版界で大注目の経営者、初の著書!
自ら編集した本も累計1000万部超!
話題の「ビジネス書大賞」も主宰!

★「仕事を楽しむ秘訣」は何なのか?
★「今やっていることを好きになる秘訣」は何か?
★「アイデアの作り方」「ミッションの見つけ方」の公式は?
★「まず動く」には、どうすればいいのか?
★「心が強くなる」には、何をどう考えればいいか?

同じ仕事でも、同じ日常でも、
「視点」が変わるだけで、「価値」も「景色」も一変する!

読むと、「視点」が変わり、「あなたの明日と人生」が変わる!

【「視点を変える」の一例】

★本当は、とくにやりたいことやこだわっている夢、好きなことがないのだったら、無理にあるふりはしなくていい。
そして、目の前のこと、やってほしいと求められていることに、まずは集中する。
じつは、そこに「好きになる」秘訣がある。
好きなことが見つかる、夢が見つかる入り口がある。見つからなくてもいいけれども。
もう一度言おう。
とくに好きなことがないのに、無理にあるふりしなくていいよ。

★ねえ、何でも自分ひとりでやり遂げるのが偉いと思ってない?
たしかに、学校の勉強なら、そうだったかもしれない。
しかし、これは仕事だ。
お金をもらって、お客さまとの約束を果たすために会社としてやっているのだ。
ひとりでうんうん孤独にがんばるより、
人の手を借りてでも何でも、結果を出せ!

★「誰にも嫌われない」ということは、
「誰にもとくに好かれているわけではない」ということでもある。
「嫌われて幸い、好かれちゃどんどん」
もっと自由に生きても、だいじょうぶだと思うよ。

★つまり、人生のゴールを幸せに「なる」とするな、ということだ。
だって、「~になる」ということは、今はそうではない、ということでしょう?それでいいの?人生は「現在」の積み重ねだというのに。
幸せとは、「なる」ものではなくて、「いる」ものだ、とわたしは思う。

【「迷ったらやる」の一例】

★犬も歩けば棒に当たるが、歩かなければ何も起こらない。
想定外のことと遭遇し、事態を打破するのは、行動あればこそだ。ただ考えているだけでは、何も起こらない。
理由や理屈は、その結果から、考えればいい。多くの偉大な発見がそうであったように。
セレンディピティは、思考の過程ではなく、実践の過程で生まれる。

★往々にして「理由」を考えているときは、要注意だ。
何かをやるのに理由なんていらない。理由が必要なのは、やるときではなくて、やらないとき。
だから、自分が「理由」を考え出したら、気をつけたほうがいい。
まずは、理由の中に深入りしないで、身体でも動かしてみることだ。
次に、理由ではなくて、方法を考える。もっとうまくいく方法を。

★アウトプットしない人というのは、完璧な形になるまで、
十分な準備ができるまでと思っているんだろう。否定されるのが怖いから。
でも、そうやってため込んでいるうちに、状況はどんどん変わるので、どんどん古くなり、
そのたびにバージョンアップして、とやっているものだから、永久に「準備期間」が続いてしまう。
永遠の準備青年だ!それで、いいのか?

★あれも無駄、これも無駄、とやっていったら、
最後はいちばん無駄な存在は自分だ、ってことにならないか?
生きることそのものが無駄な行為にならないか?その回り道こそが人生じゃないか?
一見、無駄に感じられる出会いが、のちに素晴らしい縁となったりする。
一見、無駄な勉強が、あとで役に立ったりする。引き出しは多いほどいいのだ。
人生は、結果ではなくて、プロセスだから。

【男性はもちろん、「働く女性へのメッセージ」も満載】

この項は、女子専科になってきたついでに、女子向けに言わせていただければ、女子たちよ、もっと欲張っていい。
仕事もほしい、どうせなら出世したい。結婚もしたい、どうせならイケメンなイクメンがいい。
子どももほしい。いつまでもおしゃれでキレイでいたい。
と、何でもほしがっていい。自分で自分の可能性を狭めることはない。
ただ!
欲張りすぎてはいけない。
あれもこれもほしがっていいが、すべてを自分自身の手で完璧におこなおう、などと欲張りすぎてはいけない。
できるわけないじゃん!
すべてを完璧にしなくてはいけないって、あなた、何様!?ちょっと図々しくないですか?
自分を過小評価してはいけないが、自分を買いかぶりすぎてもいけない。
お弁当?手抜きだっていいじゃん。
掃除?人に頼めばいいじゃん。
旦那のこと?自分のことは自分でやってもらいなさい。
親戚や周りの目?無視無視。
仕事?どうしても困ったら、事情を上司に相談しよう。
手抜き結構。外注推奨。八方美人不要。
結局、人生は、持ち物のアイテム数は制限ないけれど、運べる総重量は決まって
いる気球みたいなもので、やっぱり手放すものが必要だということ。
最初に手放すべきは、「すべて自分だけの力で、完璧にできるはず」という図々しい思い込みかな。
そして、うれしいお知らせは、気球の大きさは、少しずつ大きいものに買い替えていけることと、
技術の進歩でいろいろなものが軽くなっていくということかな。



ここでは試聴ができますよ
楽しくなければ仕事じゃない : 「今やっていること」がどんどん「好きで得意」になる働き方の教科書:干場弓子














【自己啓発 > 自己啓発・成功哲学(日本)の最新記事】
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:09 | Comment(0) | 自己啓発 > 自己啓発・成功哲学(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: