2019年03月15日

死ぬほど読書:丹羽宇一郎

ナレーター和村康市
再生時間 04:23:47
出版社 幻冬舎
出版日 2017/7/28
配信日 2019/3/15
図表 なし
チャプター数 15
倍速版 あり

死ぬほど読書:丹羽宇一郎



死ぬほど読書:丹羽宇一郎



作品紹介

本を読む人にしか、わからないことがあるーー。

もし、あなたがよりよく生きたいと望むなら、「世の中には知らないことが無数にある」と自覚することだ。
すると知的好奇心が芽生え、人生は俄然、面白くなる。
自分の無知に気づくには、本がうってつけだ。
ただし、読み方にはコツがある。
「これは重要だ」と思った箇所は、線を引くなり付箋を貼るなりして、最後にノートに書き写す。
ここまで実践して、はじめて本が自分の血肉となる。

伊藤忠商事前会長、元中国大使でビジネス界きっての読書家が、本の楽しみ方が二倍にも三倍にもなる方法を指南。
本好きを唸らせる一冊。

〈目次〉
第1章 本に代わるものはない
第2章 どんな本を読めばいいのか
第3章 頭を使う読書の効用
第4章 本を読まない日はない
第5章 読書の真価は生き方に表れる
第6章 本の底力



ここでは試聴ができますよ
死ぬほど読書:丹羽宇一郎








【自己啓発 > 勉強法の最新記事】
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 14:20 | Comment(0) | 自己啓発 > 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: