2020年08月23日

腹を割って話した(未知との遭遇):藤村忠寿、嬉野雅道

ナレーター嬉野雅道,柳よしひこ,藤村忠寿,藤井剛
再生時間 03:22:48
出版社 イースト・プレス
出版日 2013/9/7
販売開始日 2020/8/23
図表 なし
チャプター数 10
倍速版 あり

腹を割って話した(未知との遭遇):藤村忠寿、嬉野雅道


腹を割って話した(未知との遭遇):藤村忠寿、嬉野雅道



作品紹介

対話で綴る、もうひとつの『水曜どうでしょう』──その第2弾!

嬉野「今回のロケ、楽しかったんでしょ?」
藤村「楽しかったんだよ」
嬉野「おれは17年間で、いちばん楽しかったよ」

2013年春、『水曜どうでしょう』新作の旅が行われた。
その出発前と帰国後の2回に渡り、
ディレクター陣が「いま考えていること」「かつて思っていたこと」「これからすべきこと」を洗いざらい語り合った。
『水曜どうでしょう』の裏話やその本質について、大泉洋・ミスター両氏の知られざるエピソード、
テレビや社会の自主規制について、震災被災地を訪問した際の経験、
新サイトの構想など、話は尽きることはない。
カバーのトイレ(のプラモデル)が意味するところは?
そして何ゆえ「未知との遭遇」なのか? 答えは本書の中にある。

2011年『水曜どうでしょう 原付日本列島制覇東京-紀伊半島-高知』の放送時に刊行された『腹を割って話した』に続く最新トーク!



ここでは試聴ができますよ
腹を割って話した(未知との遭遇):藤村忠寿、嬉野雅道








【教養 > 一般教養・雑学の最新記事】
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:50 | Comment(0) | 教養 > 一般教養・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: