2017年08月22日

自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義:ブライアン・R・リトル/著、児島修/翻訳


自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義


著者 ブライアン・R・リトル/著、児島修/翻訳
価格 1,728円
ナレーター 市村徹
再生時間 8時間11分
出版社 大和書房
出版日 2016/06/22
配信日 2017/08/22
分割ファイル 23個
ファイル容量 449.9MB(通常版)/224.95MB(倍速版)
付属資料 1ページ








作品紹介

BBC、フォーブス、ニューヨークマガジン、ハフィントンポスト等、各メディアで「今年最も読むべき1冊」と絶賛された話題作が登場!



あなたは自分にどんな才能があるか、知っていますか?
「遺伝」でも「環境」でもない、「第三の性格」を知ることで、本当の自分が見えてきます。
パーソナリティを科学的に解明した本作品が、あなたの自己理解と幸せな人生への道しるべとなることでしょう。



本当の自分はどんな人間なんだろう。
隣にいる人はどんな価値観で動いてるんだろう。
最高の人生とはどんなものなのだろう。



本作品では、このようなことを考えるのに役立つ「パーソナリティ心理学」についての最新の知見がまとめられています。



パーソナリティ心理学によって人間の意外な側面を知ることで、自分の本当の姿を理解できるようになります。
自分を理解した上で、人生をかけて達成したいことを見直せば、歩むべき道がわかり、自分にとっての幸福な人生をつくることができるのです。



あなたの中には、まだ知らない自分や才能が眠っているかもしれません。
本当の自分を知り、本当の自分に合った人生をおくりましょう。









目次

はじめに
第1章 あなたを閉じ込めている檻―“メガネ”を変えて世界を見る
第2章 「自分の性格」を理解する―五つの要素で適性がわかる
第3章 別人を演じる―大切なもののために性格を変えるということ
第4章 「タマネギ」か「アボカド」か―場に合わせるか、信念に従うか
第5章 主体的に人生を生きる―運命はどのくらいコントロールできるのか?
第6章 性格は寿命も左右する―すべてを勝負にする人、しない人
第7章 クリエイティビティは「才能」ではない―独創的な人ほど性格が悪い?
第8章 住んでいる場所が「生活の質」を決める―SNSで回復する人、疲れる人
第9章 「パーソナル・プロジェクト」を追求する―人生をかけて達成したいことを見直す
第10章 自分を変える挑戦―幸福な人生を自分でつくる
訳者あとがき






ここで視聴もできますよ
耳で読む本、オーディオブック 「自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義」― ブライアン・R・リトル/著、児島修/翻訳 配信中!









【教養 > 心理学の最新記事】
posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 18:38 | Comment(0) | 教養 > 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: