2021年03月07日

苦しみの手放し方:大愚元勝

ナレーター 西村不二人
再生時間 07:00:27
出版社 ダイヤモンド社
出版日 2020/2/20
販売開始日 2021/3/7
図表 2 枚
チャプター数 19
倍速版 あり

苦しみの手放し方:大愚元勝


苦しみの手放し方:大愚元勝



作品紹介

僧名「大愚」は、大バカ者=何にもとらわれない自由な境地に達した者の意。
愛知県小牧市に540年の歴史を誇る禅寺、福厳寺の弟子として育つ。3才で経を習い5才で葬儀デビュー、10才で僧籍を取得するも、厳しい師匠や堅苦しいしきたり、「お寺の子」と噂される重圧に反発して寺を飛び出す。
32歳で起業。慈悲心を具現化したいと、複数の事業を立ち上げて軌道に乗せる。
社員教育は人間教育であることを実感し、40歳を目前に寺に戻ることを決意。平成27年に福厳寺31代住職に就任。令和元年には、仏教の本質に立ち返って「慈悲心、知恵、仏性を育む」ことを宗旨とする佛心宗を興し、従来の慣習や常識にとらわれない、会員制寺院として新たなスタートを切る。

紆余曲折を経て現在、空手家、セラピスト、社長、教育者など5つの顔を持つ異色の僧侶が贈る人生を明るく、強かに生きるための発想の転換。苦しみを手放して楽に生きるきっかけを与える具体的な知恵を伝える。

●苦手な人も、嫌いな人も、会いたくない人も、
自分を成長させてくれる「人生の師」である
● 「悪口を言う人」から逃げずとも、「悪口」はいずれ過ぎ去る
●本当の友だちは、孤独の中からつくられる
●他人のしたことと、しなかったことを見るな。自分のしたことと、しなかったことを見よ
●「努力」や「才能」よりも大切なのは、仕事に対する「姿勢」である
●貧しさから逃れたければ、人のために惜しみなく与える
●本気で叱って、本気で抱きしめて、本気で信じる。親が心を開かなければ、子どもも心を開かない
●絶望的な悲しみから自分の心を救う方法

など、仕事、お金、人間関係、病気、恋愛、子育てetc<..BR> どんな苦しみも手放せるようになる
人生をもっと楽に生きるための50の知恵



ここで試聴もできます
苦しみの手放し方:大愚元勝








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:37 | Comment(0) | 自己啓発 > 自己啓発・成功哲学(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: