2021年04月08日

太宰治 ヴィヨンの妻

ナレーター 西村俊彦
再生時間 01:11:55
出版社 はぶ出版
販売開始日 2021/4/8
図表 なし
チャプター数 4
倍速版 なし

太宰治 ヴィヨンの妻


太宰治 ヴィヨンの妻



作品紹介

「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治の短編小説。初出は「展望」[1947(昭和22)年]。泥酔状態で帰り、借金を作ってくる大谷を夫に持つ「私」が、大谷が泥棒を働いた椿屋で働くようになるという話。戦後の太宰文学を代表する作品のひとつで、太宰とイメージが重なる大谷と、妻の「私」の繊細な関係が見事に描かれている。



こちらで試聴もできます
太宰治 ヴィヨンの妻








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 00:00 | Comment(0) | 文芸・落語 > 名作文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太宰治 グッド・バイ

ナレーター 西村俊彦
再生時間 00:55:33
出版社 はぶ出版
販売開始日 2021/4/8
図表 なし
チャプター数 13
倍速版 なし

太宰治 グッド・バイ


太宰治 グッド・バイ



作品紹介

「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治の未完絶筆作。初出は「朝日新聞」[1948(昭和23)年]に「変心一」、のちに同年の「朝日評論」に全文掲載。闇商売で儲ける雑誌編集長が、永井キヌ子という美女に翻弄される物語。絶筆という事情から太宰の死の直前の状況と結ばれて読まれることが多いが、作品単体ととしてもよく出来たユーモア小説として読める。



こちらで試聴もできます
太宰治 グッド・バイ








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 00:00 | Comment(0) | 文芸・落語 > 名作文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芥川龍之介 或阿呆の一生

ナレーター 西村俊彦
再生時間 01:03:10
出版社 はぶ出版
販売開始日 2021/4/8
図表 なし
チャプター数 5
倍速版 なし

芥川龍之介 或阿呆の一生


芥川龍之介 或阿呆の一生



作品紹介

大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の代表的な短編小説。初出は「改造」[1927(昭和2)年]。「芥川龍之介全集」第16巻に収録、遺稿。久米正雄に当てた前文が付いている。芥川自身の人生を題材にしているとされ、51に別れた章立ての48以降では自らの死を意識しており、晩年の思想が見て取れる。



こちらで試聴もできます
芥川龍之介 或阿呆の一生








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 00:00 | Comment(0) | 文芸・落語 > 名作文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする