2021年03月29日

鳥貴族「280円均一」の経営哲学:大倉忠司

ナレーター 持田俊生
再生時間 02:51:37
出版社 東洋経済新報社
出版日 2012/11/1
販売開始日 2021/3/29
図表 1 枚
チャプター数 9
倍速版 あり

鳥貴族「280円均一」の経営哲学:大倉忠司


鳥貴族「280円均一」の経営哲学:大倉忠司



作品紹介

全品280円均一の店舗を300も展開する鳥貴族。
創業者がその基盤となる信念、価値観を鳥貴族の歴史とともに紹介。
また、低価格で全メニューを提供できる秘密、チェーン展開の鉄則、鳥貴族の未来像についても語る。



こちらで試聴もできます
鳥貴族「280円均一」の経営哲学:大倉忠司








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 16:30 | Comment(0) | ビジネス > 経営戦略・組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

売れる力 日本一PCソフトを売り、大ヒット通訳機ポケトークを生んだ発想法:松田憲幸

ナレーター 喜多幡優
再生時間 06:19:15
出版社 ダイヤモンド社
出版日 2019/12/12
販売開始日 2021/2/25
図表 3 枚
チャプター数 17
倍速版 あり

売れる力 日本一PCソフトを売り、大ヒット通訳機ポケトークを生んだ発想法:松田憲幸


売れる力 日本一PCソフトを売り、大ヒット通訳機ポケトークを生んだ発想法:松田憲幸



作品紹介

10年で時価総額50倍に!
「特打」「驚速」などパソコンソフト累計5000万本、
初の翻訳機「ポケトーク」でシェア95%を実現した
【常識破りの、全ノウハウ】

2020年1月9日木曜「カンブリア宮殿」(テレビ東京系列)に登場!

★反響続々! ★
・紀伊國屋書店新宿本店 「社会」ジャンル第1位! (2019年12月16~12月22日)
・三省堂書店有楽町店 ビジネス書ランキング第1位! (2019年12月30日~1月5日)
・丸善日本橋店 ビジネス書ランキング第3位! (2019年12月26日~12月31日)

ソースネクストの創業は23年前。システムエンジニアだった松田社長は、それまで経験のない店頭販売や価格交渉を実戦で鍛えつつ、お客さまの「面白さ」「煩わしさ」をヒントにユニークな製品をつぎつぎ発売してきました。本書では、具体的な製品を挙げながら、それら製品や売り方の着想プロセスを語りつくします!

〇AI通訳機「ポケトーク」の起点となった18年前の「バベルの塔プロジェクト」とは 〇タイピングソフト「特打」の開発・ネーミングの秘密
〇年間更新料約5000円が当たり前だったウィルス対策ソフトを3980円売り切り制にできたカラクリ
〇業界でほぼ唯一、家電量販店に卸を通さず直接取引を実現できた要因
〇ソフトウェア100シリーズ1980円均一を実施したときの価格設定の背景 など

社長みずから店頭に立ち、お客さまは中身より「ネーミングやパッケージ」を見て買っている実態や、レジまで持っていっていただかないと売上が立たないという「売ること」の難しさを痛感。お客さまの目に留まるネーミングや買いたくなるパッケージ、買いたくなるような広告~店頭展開の導線づくりを徹底しています。

〇「ポケトーク」のテレビCMに明石家さんまさん出演がかなった裏側
〇開発は外注してでも、デザインを内製し、担当デザイナーを役員として迎えた合理的理由
〇クラウドサービス「Evernote」「Dropbox」を箱に入れて量販店で売った理由
〇1700万人の顧客基盤が支える自社ウェブサイトの強み など

ソースネクストが培ってきた「世界で弱者が勝つ戦略」が詰まった1冊です!



ここで試聴もできます。
売れる力 日本一PCソフトを売り、大ヒット通訳機ポケトークを生んだ発想法:松田憲幸








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 14:57 | Comment(0) | ビジネス > 経営戦略・組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

葡萄酒の戦略 ―ワインはいかに世界を席巻するか:前田琢磨

ナレーター 冨田真
再生時間 07:22:13
出版社 東洋経済新報社
出版日 2010/9/29
販売開始日 2021/2/22
図表 39 枚
チャプター数 23
倍速版 あり

葡萄酒の戦略 ―ワインはいかに世界を席巻するか:前田琢磨


葡萄酒の戦略 ―ワインはいかに世界を席巻するか:前田琢磨



作品紹介

ワインの知識を深めながら
戦略の真髄を学ぶ
戦略コンサルタントが書いた異色の書

●なぜフランスワインは世界一なのか?
●第三世界の差別化戦略と意外な落とし穴とは?
●後発の日本はどう戦うべきか? 
●消費者本位の戦略とは何か?
●バリューワインの最新動向は?

ワインの戦略モデルを考察するにあたって、経営学の考え方を応用。
ワインの知識を深めながら戦略の真髄を学ぶ、戦略コンサルタントによる異色の戦略論。



ここでは試聴ができますよ
葡萄酒の戦略 ―ワインはいかに世界を席巻するか:前田琢磨





posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:59 | Comment(0) | ビジネス > 経営戦略・組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする