2021年01月02日

現場力復権―現場力を「計画」で終わらせないために:遠藤功

ナレーター 柳よしひこ
再生時間 05:32:05
出版社 東洋経済新報社
出版日 2009/1/30
販売開始日 2021/1/2
図表 16 枚
チャプター数 18
倍速版 あり

現場力復権―現場力を「計画」で終わらせないために:遠藤功


現場力復権―現場力を「計画」で終わらせないために:遠藤功



作品紹介

15万部のベストセラー & 5年売れ続けているロングセラー『現場力を鍛える』、待望の続編!

2004年に『現場力を鍛える』を出版し、はや5年。
おかげさまで好評を博し、27刷・15万部を突破。
「現場力」という言葉は、たちまちビジネス界のキーワードになりました。

しかしその後、「現場力強化」を目標に掲げる企業が続出したものの、実際には「計画倒れ」「掛け声だけ」で終わるケースが少なくありません。

なぜ、現場力の重要性を知りながらも、実現することができないのか?
その原因と「さらに具体的な実践方法」を明かしたのが本書になります。

・「10年続ける覚悟」がなければ、現場はかえって混乱するだけ
・現場力の「企業間格差」が広がっている
・「強い現場」には「当事者意識」が必要
・経営のウェイトは「戦略2」:「実行8」
・組織の「しつけ」を徹底させ、現場力を「組織のくせ」にまで高める
・現場力強化の「見える化」は、「手段」であって「目的」ではない

それらの内容が、本書の中で詳しく解説されています。

世界的な金融危機により、再度「実体経済」に注目が集まる今、現場力を鍛え直し、世界不況を乗り切るための「秘策」が、本書にあります。

同じく15万部突破のべストセラーになった『見える化』の最新情報も満載です!



ここでは試聴ができますよ
現場力復権―現場力を「計画」で終わらせないために:遠藤功








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 17:04 | Comment(0) | ビジネス > 経営戦略・組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

ワーク・ルールズ! ―君の生き方とリーダーシップを変える:ラズロ・ボック,鬼澤忍/訳,矢羽野薫/訳

ナレーター 茶川亜郎
再生時間 19:52:27
出版社 東洋経済新報社
出版日 2015/7/31
販売開始日 2020/12/18
図表 24 枚
チャプター数 58
倍速版 あり

ワーク・ルールズ! ―君の生き方とリーダーシップを変える:ラズロ・ボック,鬼澤忍/訳,矢羽野薫/訳


ワーク・ルールズ! ―君の生き方とリーダーシップを変える:ラズロ・ボック,鬼澤忍/訳,矢羽野薫/訳



作品紹介

全世界話題! Googleの人事トップが採用、育成、評価のすべてを初めて語った。創造性を生み出す、新しい「働き方」の原理を全公開!

Googleはいったいどんな仕組みで動いているのか?誰もが抱くこの疑問に、Googleの人事トップが答えます。21世紀の最強企業をかたちづくる、採用、育成、評価の仕組みをすべて惜しげもなく公開。本書で紹介される哲学と仕組みは、Googleだからできるというものではなく、あらゆる組織に応用できる普遍性を持っています。
古いやり方で結果を出せと言われて困っているリーダー、古いやり方で評価されてやる気をそがれている若手、もっとクリエイティブに仕事をしたいと思っている人に知ってほしい、未来の働き方とは。いま働いているすべての人、これから働くすべての人に贈る、新しい働き方のバイブルとなる一冊。

著者は2006年にGoogleに入社。あらゆる企業の人の扱い方に影響を与えたいという信念の下、Googleに入ることを選択。同社の従業員が6000人から6万人に増えていく過程で、Googleの人事システムを設計・進化させてきた責任者です。Googleは、世界各国で「最高の職場」として認められ、多くの賞を受賞。
いったい、Googleは、どんなやり方で人を選んでいるのか?そうして選んだ人材に、どんな機会を与えているのか?優秀な社員同士に最高のチームをつくってもらう秘訣とは?社員をどう評価して、モチベーションを最大に保っているのか?働き方をめぐるこれらの重大テーマに、次々と答えを出していきます。

《本書の主な内容》
●Google人事トップによる、ベストチームを作りたい人へのアドバイス
●なぜ一流大卒というだけではGoogleに入れないのか?
●ハーバード大に入るより25倍も難しいと言われるGoogleの採用基準とは?
●Googleは、社員の死後10年間、給与の50%をパートナーに支給している!?
●同じ仕事でも、100倍の報酬差がついていい。
●qDroid、Googleガイスト、プロジェクト・オキシジェン、UFSなど、Googleが採用している人事の具体的仕組みを全公開!
●実験とデータを活用して制度を進化させるGoogleの工夫とは?
●朝起きて、ワクワクしながら行ける会社って、どんな会社?
●機械に負けない、人間らしいクリエイティブな働き方ってどんなもの?
●人事に関する不満と不安を最大限減らすには、どうやればいい?

《世界の著名人がこぞって絶賛! 》
「才能あふれるチームのつくり方がわかる」ダニエル・ピンク(『ハイ・コンセプト』著者)
「未来の働き方をつくるビジョンを示している」アダム・グラント(『GIVE&TAKE』著者)
「現代の傑出した人材を率いるためのバイブルだ」ティム・ブラウン(IDEO社CEO)
ほか、ラム・チャラン、ジェフリー・フェファーなど、各界から続々推薦!



ここでは試聴ができますよ
ワーク・ルールズ! ―君の生き方とリーダーシップを変える:ラズロ・ボック,鬼澤忍/訳,矢羽野薫/訳








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 14:05 | Comment(0) | ビジネス > 経営戦略・組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

ドラッカーの実践マネジメント教室 経営のリアルな問題をいかにして解決へ導くか:P.F.ドラッカー,上田惇生/訳

ナレーター サカウエ稔
再生時間 06:48:50
出版社 ダイヤモンド社
出版日 2014/1/31
販売開始日 2020/11/25
図表 3 枚
チャプター数 19
倍速版 あり

ドラッカーの実践マネジメント教室 経営のリアルな問題をいかにして解決へ導くか:P.F.ドラッカー,上田惇生/訳


ドラッカーの実践マネジメント教室 経営のリアルな問題をいかにして解決へ導くか:P.F.ドラッカー,上田惇生/訳



作品紹介

ドラッカーが苦悩する経営陣を救う。
1960年代~1980年代、自ら制作、コンサルタント役で出演した幻のドラマシリーズ『マネジメント・レクチャー・シリーズ』、初の書籍化

ドラッカーの白熱のコンサルティング現場を再現!

ドラッカーが生涯にわたって重要性を説き続けた
「マネジメントの実践」とはどのようなものだったのか?

ドラマ仕立ての本書を通じて、リアルなビジネス現場において
「原則をいかにして適用するか」を理解できるに違いない

現場のマネジャーの声に耳を傾け、質問を発し、思いもよらない解決策を提示するコンサルタントとしてのドラッカーの実像を通じて、マネジメントの現実に迫る。本書の中で、ドラッカーは、コンサルタント役を演じる俳優であり、ドラマを展開させる進行役であり、同時にマネジメントのさまざまな課題を素晴らしい切れ味で解説する講師である。
字幕付きドラマ映像が見られる読者特典付き。



ここでは試聴ができますよ
ドラッカーの実践マネジメント教室 経営のリアルな問題をいかにして解決へ導くか:P.F.ドラッカー,上田惇生/訳








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 17:34 | Comment(0) | ビジネス > 経営戦略・組織論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする