2020年01月28日

戦国の世を語る(1)天下布武への道(前編)―織田家の「うつけもの」信長:安部龍太郎

ナレーター安部龍太郎
再生時間 00:51:21
出版社 アートデイズ
出版日 2013/3/20
販売開始日 2020/1/28
図表 なし
チャプター数 4
倍速版 なし

戦国の世を語る(1)天下布武への道(前編)―織田家の「うつけもの」信長:安部龍太郎


戦国の世を語る(1)天下布武への道(前編)―織田家の「うつけもの」信長:安部龍太郎



作品紹介

室町幕府を滅ぼし、武力によって強力な中央集権国家をつくろうとした信長。いつも戦国の争乱の中心にいた武将・信長。その信長と戦国武将たちの激しくも哀しい生きざまを、小説『等伯』で2012年下期直木賞を受賞した作家・安部龍太郎氏が熱く語る。同じ戦国の世に生き、秀吉や利休を魅了した謎多き天才絵師・長谷川等伯の生涯を語った講演も収録。

天下布武への道【前編】――織田家の「うつけもの」信長 
信長の父・織田信秀は、経営能力に長けた優秀な人物であり、織田家を繁栄させ、信長活躍の礎を築いた。しかし信秀の死後、信長はそれまで織田家と親しくしていた大名と戦をするなど、ことごとく父を否定する行動を取る。
桶狭間の戦いを含め、織田家を継いでわずか15年目の34歳で美濃を制するまでの信長の半生を語る。

※本音源は、講演会の収録となります。収録環境の関係上、一部聞き取りにくい箇所や雑音が多い箇所等がございますが、ご了承ください。サンプルをご確認の上、お求めいただけますと幸いです。



ここでは試聴ができますよ
戦国の世を語る(1)天下布武への道(前編)―織田家の「うつけもの」信長:安部龍太郎








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 00:00 | Comment(0) | 教養 > 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

陰謀の日本中世史:呉座勇一

ナレーター市村徹
再生時間 11:01:05
出版社 株式会社KADOKAWA
出版日 2018/3/9
販売開始日 2020/1/21
図表 なし
チャプター数 28
倍速版 あり

陰謀の日本中世史:呉座勇一



陰謀の日本中世史:呉座勇一



作品紹介

俗説、一蹴!
『応仁の乱』の著者が史上有名な陰謀を分析、陰謀論を論破!
ベストセラー『応仁の乱』の著者、構想三年の書き下ろし!

本能寺の変に黒幕あり?
関ヶ原は家康の陰謀?
義経は陰謀の犠牲者?

『応仁の乱』の著者が史上有名な“陰謀”をたどりつつ、
“陰謀論”を徹底論破する。

史実とフィクションは明瞭に違う!
◆本能寺の変に黒幕あり?→いない。光秀をバカにしすぎ
◆関ヶ原は家康の陰謀? →違う。家康も追い詰められていた
◆義経は陰謀の犠牲者? →誤り。義経の権力は砂上の楼閣だった

他、
■足利尊氏=陰謀家説は疑わしい
■後醍醐天皇は黒幕ではなく被害者だった!?
■富子はスケープゴートにされた
■騙されやすかった信長
■「三成が家康の伏見屋敷に逃げ込んだ」は俗説
■「小山評定」は架空の会議

「事実」はドラマや小説より面白い。
陰謀論の誤りを最新学説で徹底論破!!
トンデモ説やフェイクニュースが溢れる世の中で騙されないために。
陰謀論の法則まで明らかにする、必読の歴史入門書!



ここでは試聴ができますよ
陰謀の日本中世史:呉座勇一








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:54 | Comment(0) | 教養 > 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

逆説の日本史〈8〉中世混沌編 室町文化と一揆の謎:井沢元彦

ナレーターEMMA
再生時間 13:45:20
出版社 小学館
出版日 2004/5/1
販売開始日 2019/12/21
図表 6 枚
チャプター数 55
倍速版 あり

逆説の日本史〈8〉中世混沌編 室町文化と一揆の謎:井沢元彦



逆説の日本史〈8〉中世混沌編 室町文化と一揆の謎:井沢元彦



作品紹介

シリーズ100万部突破の歴史ノンフィクション、待望の最新刊!

シリーズ100万部を突破した歴史ノンフィクション第8弾。
これまでの日本史の“常識”を覆す本シリーズは、
「21世紀の歴史教科書」といっても過言ではないでしょう。

金閣寺と銀閣寺の“根本的な違い”とは?
日野富子が史上最大の“悪妻”といわれる真相は?
“日本初の戦国大名”は誰か?
世阿弥の名前に“阿弥”がつく理由。
「能面」に隠された怨霊鎮魂の仕掛けとは?

「モラルハザードというのは現代の話であると同時に歴史の話でもある」と
語る井沢元彦氏が、既成の秩序やモラルが崩壊する一方で、
宗教が隆盛を極めて新たな文化が誕生した室町時代の謎に迫る!

混沌の時代に直面する現代日本人の生き方の羅針盤!




ここでは試聴ができますよ
逆説の日本史〈8〉中世混沌編 室町文化と一揆の謎:井沢元彦








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:37 | Comment(0) | 教養 > 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする