2021年01月11日

OPENNESS(オープネス) 職場の「空気」が結果を決める:北野唯我

ナレーター 藤井剛
再生時間 05:08:25
出版社 ダイヤモンド社
出版日 2019/11/28
販売開始日 2021/1/11
図表 32 枚
チャプター数 15
倍速版 あり

OPENNESS(オープネス) 職場の「空気」が結果を決める:北野唯我


OPENNESS(オープネス) 職場の「空気」が結果を決める:北野唯我



作品紹介

★たちまち重版!3万部突破!★
デビュー作『転職の思考法』が16万部突破!
日本の人材業界に変革を起こした著者による、
まったく新しい組織の教科書

◎もしあなたの会社にひとつでも当てはまるものがあれば、
読んでみてください。
□チームで「成功体験」のみがシェアされている
□「なぜあの人が出世するのか」の理由、根拠がわからない
□直属の上司を「飛び越えて」質問しづらい
□今年になってから「社長の顔」を一度も見ていない
□上司が「なんでも相談して」と言いつつ席にいない

これからの時代、「風通しの悪い会社」は
グレートカンパニーになれない!
840万人の内部クチコミデータから見えた
「勝ち続ける組織の条件」とは

デビュー作『転職の思考法』では、
「このまま今の会社にいていいのか」?と漠然とした
不安やモヤモヤを抱えている人に解決策を提示した著者。

本書では「ウチの会社、何かがおかしい」?と
自分の会社になんとなく疑問を感じている人に向けて、
オリジナルの理論とデータでその謎を解き明かします。

これまで、会社の評価をするときには
「財務データ」「経営者の情報」がその根拠として使われてきた一方、
社員の士気を左右する「職場の空気」については、定量化が難しく、
可視化されていませんでした。

しかし、著者が戦略担当ディレクターを務める
オープンワークにためられたのべ840万人の
現役・OB社員のクチコミから、
V字回復した企業、好調を維持する企業に
共通の傾向をまとめたところ、
オープネス(OPENNESS、風通しの良さ)が
重要であることがわかってきました。

本書では、グローバル企業から日系大手、
ベンチャーまで企業の事例を豊富に使いながら、
オープネスとは何か、
そしてオープネスを使った組織戦略について、
わかりやすく説明しています。



ここでは試聴ができますよ
OPENNESS(オープネス) 職場の「空気」が結果を決める:北野唯我








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:55 | Comment(0) | ビジネス > 企業・ケースタディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

2030年アパレルの未来: 日本企業が半分になる日:福田稔

ナレーター 野田雄大
再生時間 06:37:02
出版社 東洋経済新報社
出版日 2019/6/21
販売開始日 2020/12/16
図表 18 枚
チャプター数 19
倍速版 あり

2030年アパレルの未来: 日本企業が半分になる日:福田稔


2030年アパレルの未来: 日本企業が半分になる日:福田稔



作品紹介

【売れています!発売40日で3刷決定!大反響!】
関係者待望の1冊! 業界トップコンサルタント、初の著書がついに刊行!
2030年のアパレル業界の未来を徹底解説!
これから10年でいったい何が起こるのか? 生き残る企業、消える仕事は
アパレルの最新動向・業界の課題・処方箋、すべてがこの1冊に凝縮!

《以下のことが知りたい人は、ぜひ本書をお読みください。アパレル業界を見る目が、きっと変わるはずです! 》
■「服が売れない」は本当なのか
■ユニクロ、ZOZO、良品計画・・・・・・、世界で戦うための秘策
■海外からも注目のスタートアップは、何をしているのか
■無理をしてでもデジタル投資をしたほうがいいのか
■イギリス、中国、アメリカ・・・・・・、迫り来る海外企業とどう戦うか
■2030年、消費者はどう変化していくのか
■10年後、あなたの仕事はあるか
■結局、いま何をしたらいいのか

《業界を揺るがす10の本質的変化を徹底解説! 》
【1】2割の「能動的な消費者」はインフルエンサー化、プロシューマー化する
【2】8割の「受動的な消費者」にはレコメンデーション機能の影響力が増す
【3】お気に入りのブランドを「直販サイト」で購入する「DtoC」ビジネスモデルが増える
【4】「売り手と買い手の情報格差」がなくなり、業界人の地位と仕事が奪われる
【5】「無駄な在庫」を抱えるリスクがなくなる
【6】「ただ着るだけの衣服」から進化する
【7】服づくりのデザインプロセスもデジタル化する
【8】人がいない工場や店舗が出現する
【9】「マス・カスタマイゼーション」で、「受注生産」と「大量生産」の両立が可能になる
【10】人事業務の高度化と効率化が実現する

《「躍進する日本企業」と「迫りくる海外企業」から学べ! 》
エアークローゼット/良品計画/コムデギャルソン/45R/サカイ/ビズビム/アンリアレイジ/ユニクロ/ZOZO/シタテルetc
ブーフー/エイソス/エディテッド/スティッチフィックス/スーツサプライ/リフォーメーション/アマゾン/衣邦人/ジリンゴetc



ここでは試聴ができますよ
2030年アパレルの未来: 日本企業が半分になる日:福田稔








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:56 | Comment(0) | ビジネス > 企業・ケースタディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

舞台俳優の味方:竹内由渡利

ナレーター 竹内由渡利,梅影飛歌
再生時間 01:46:09
出版社 ユトリロミュージック
出版日 2020/11/20
販売開始日 2020/11/27
図表 なし
チャプター数 15
倍速版 なし

舞台俳優の味方:竹内由渡利


舞台俳優の味方:竹内由渡利



作品紹介

今回の本は、私が数年前に書いた卒業論文や修士論文、観劇メモなどの一部を再編し推敲したものです。それをなぜ今出版するのかというと、やはりコロナの影響が大きいです。2020年10月現在もコロナにより大打撃を受けている演劇業界の少しでも力になりたいという思いがあります。
 ソーシャルディスタンス確保に伴う客席の削減や、ZOOM演劇、公演のネット配信など、観客との関係性、それに伴う表現方法も変わりゆく過程の演劇業界で、改めて良い俳優、良い演技とはどのようなものか?俳優は今後どうあるべきか?考えるきっかけになれば幸いです。この本を読んで評価は様々あるでしょうが、いずれにしても、僕はいつでも、舞台俳優の味方ですと言えるように、今後も精一杯活動していきたいと思います。よろしければぜひ一度ご拝聴いただきたく、何卒よろしくお願いいたします。

「著者について」
竹内由渡利(ゆとり)(男性) 1985年12月19日 生まれ

日本大学大学院芸術学研究科舞台芸術専攻 修了
(修士論文:スタニスラフスキーシステムの変遷及び五感トレーニングの実践研究)
山下悟 演出「海抜3200メートル」
川村毅 作演出「アルゴス坂の白い家」等多数の作品に役者として出演
2021年1月22日(金)~24日(日)@北池袋新生館シアターにて、演劇公演を主催予定。近年はTVディレクター、音楽製作者としても活動中。活動詳細&最新情報は(合)ユトリロミュージックHPをぜひご確認ください! https://yutrillo-music-production.jimdofree.com



ここでは試聴ができますよ
舞台俳優の味方:竹内由渡利








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 11:14 | Comment(0) | ビジネス > 企業・ケースタディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする