2019年08月01日

遠くて近い親日国 ブラジル―週刊東洋経済eビジネス新書No.63:週刊東洋経済編集部

ナレーター可児勇武
再生時間 01:45:24
出版社 東洋経済新報社
配信日 2019/8/1
図表 なし
チャプター数 6
倍速版 あり

遠くて近い親日国 ブラジル―週刊東洋経済eビジネス新書No.63:週刊東洋経済編集部



遠くて近い親日国 ブラジル―週刊東洋経済eビジネス新書No.63:週刊東洋経済編集部



作品紹介

2014年のサッカーW杯、2016年夏季オリンピックの開催国となったブラジル。人口2億人のうち半数の1億人が中間層を占める新興国だ。
 ルーラ前政権下では強い製造業、豊富な資源を背景に年平均4%の高成長を満喫。一人当たりGDPは年8000ドルを超え、すでに新興国の水準にはとどまっていない。
 ここ数年は経済低迷が伝えられるものの、失業率も5〜6%台と低水準で推移しており、雇用や所得は一定の水準を維持している。

 が、ビジネスチャンスの地平線が広がるブラジルの大地に、日本企業の影は薄い。「世界にも類を見ない親日国」とも言われるブラジルに、日本はもっと目を向けるべきではないか。
「遠くて近い親日国」ブラジルを解明!

 本誌は『週刊東洋経済』2011年2月12日号第1特集の32ページ分を抜粋して電子化したものです。

●●目次●●
「親日派新興国」の存在
「爆食龍」中国の野望
石油、鉄鉱石、エタノール。吹き上がる資源獲得競争
日本企業の挽回大作戦
 【デンソー】南米全体の「核」に技術拠点も新設
 【ソニー】「新生チーム」で韓国勢追撃
 【NEC】サンパウロに統括会社を設立
 【日立アプライアンス】エアコンに省エネ化のうねり
 【IHI】撤退から17年。DNA生かすラストチャンス
サンバの国の巨大企業
 【JBS】怒濤のM&Aで食肉世界一に
 【エンブラエル】産業界リードする「優等生」企業
 独特!ブラジリアンカンパニー
どうなった? 日系ブラジル人問題






ここでは試聴ができますよ
遠くて近い親日国 ブラジル―週刊東洋経済eビジネス新書No.63:週刊東洋経済編集部








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 19:35 | Comment(0) | 教養 > 国際情勢・国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

リー・クアンユー、世界を語る:グラハム・アリソ ロバート・D・ブラックウィル アリ・ウィン

ナレーター 清水圭吾
再生時間 05:34:57
出版社 サンマーク出版
出版日 2013/10/15
配信日 2018/4/18
図表 なし
分割ファイル数 17 枚
倍速版 あり



リー・クアンユー、世界を語る:グラハム・アリソ ロバート・D・ブラックウィル アリ・ウィン



作品紹介

中国の野望とは?米中は激突するのか?
世界各国の指導者たちから今なお尊敬を集めるシンガポール建国の父が冷徹に読み解く、世界の未来。



世界各国の指導者たちから今なお絶大な尊敬を集める、シンガポール建国の父・リー・クアンユー。
国際的な難題に直面する現代において、リーの洞察力や独創性、そして戦略的思考がますます注目されています。



本書は、世界情勢(国家間の対立や経済動向、グローバル化と民主主義など)の現在と未来の展望について、長時間にわたるリーへのインタビューと過去の著作をもとに、そのエッセンスをまとめたものです。



話し言葉によるわかりやすい表現と鋭い指摘の数々に、読者は大いに触発されることでしょう。



たとえば、いま最もホットな米中関係の展望から、イスラム原理主義の未来まで、具体的に語られています。
また、ヘンリー・キッシンジャーによる序文や、巻頭に寄せられた、リー・クアンユーを師と仰ぐ世界の指導者たち(バラク・オバマを含む歴代米大統領、シラク仏大統領、習近平国家主席、サミュエル・パルミサーノIBM会長、ロバート・ゼーリック世界銀行元総裁ら)の言葉も、リーの偉大さを際立たせています。




ここで視聴もできますよ
リー・クアンユー、世界を語る:グラハム・アリソ ロバート・D・ブラックウィル アリ・ウィン









posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 22:45 | Comment(0) | 教養 > 国際情勢・国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

世界観:佐藤 優


世界観


著者 佐藤 優
価格 1,296円
ナレーター 佐々木健
再生時間 6時間31分
出版社 小学館
出版日 2016/12/01
配信日 2018/02/22
分割ファイル 19個
ファイル容量 358.4MB(通常版)/179.2MB(倍速版)
付属資料 なし








作品紹介


「知の巨人」・佐藤優が実践するニュースの読み方を公開!



外務省主任分析官時代から、ライフワークとして国際情勢を分析し続けている著者が
インテリジェンスや地政学、宗教的知見から事象の「本質」を導き出すアプローチを紹介します。
地球規模の動乱の中、大陸から隔絶された島国で暮らす日本人が国際社会で生き抜く術を学びましょう。



トランプ大統領の誕生によって、世界が大きく動こうとしている。
長年国際情勢を観察・分析し続けてきた佐藤優氏はそう語ります。



いま日本人に必要なのは、無秩序な情報を論理的に組み合わせ、「見えざる敵」を炙り出す思考です。



本書は、この5年間に世界で発生した大事件に対して、佐藤優氏が正面から思考した記録です。



国際情勢分析は、佐藤優氏にとって外務省主任分析官時代からのライフワークであり、このテーマで数多くの著書を発表しています。



本書で紹介される、インテリジェンスや地政学、宗教的知見から事象の「本質」を導き出すアプローチは、大陸から隔絶された島国で暮らす日本人が国際社会で生き抜く術でもあります。



世界規模の動乱の中、この国際社会を生き抜いていくために必要な知恵と思考の方法論を本書で身につけ、この世界の将来を見通せる力をつけましょう。









目次

まえがき
第1章 世界の「ルール」が変わった─欧米・ロシア
第2章 視えざる「テロ」との戦い―中東・欧米・日本
第3章 東アジアの命運―中国・韓国・北朝鮮
第4章 危機に備えよ―日本






ここで視聴もできますよ
耳で読む本、オーディオブック 「世界観」― 佐藤 優 配信中!









posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:08 | Comment(0) | 教養 > 国際情勢・国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする