2019年12月20日

スタンフォード式 最高のリーダーシップ:スティーヴン・マーフィ重松

ナレーター和村康市
再生時間 09:42:46
出版社 サンマーク出版
出版日 2019/4/24
販売開始日 2019/12/20
図表 4 枚
チャプター数 22
倍速版 あり

スタンフォード式 最高のリーダーシップ:スティーヴン・マーフィ重松



スタンフォード式 最高のリーダーシップ:スティーヴン・マーフィ重松



作品紹介

スタンフォードで必須とされるリーダーシップ講義。
心理学者が学生たちに教える「人心の科学」とは

★スタンフォード大学医学部で開講される
「人心原理」から「支持の仕組み」を読み解く授業、独占・初公開
★展開されるのは、心理学×脳科学×緻密な企業調査で算出された
「超・現実的な組織論」と「超・具体的なやるべきこと」
★「集団心理」がリーダーに牙をむく。
残酷な部下心理に立ち向かう、エビデンスベースの具体策の数々
★ハーバード、東大、スタンフォード……
世界のトップ大学で教鞭を執った著者がそのエッセンスを1冊に凝縮!

世界最高学府・スタンフォード大学で「必須」とされる
リーダーシップ論の授業。
それを受け持つ心理学者が
「支持が生まれる仕組み」と「最高の求心力が身につく方法」を、
科学的なエビデンスを総動員して分析!

・人は、「優秀な人」が嫌い
・一人の声が「全員の総意」になり、「悪評」が定着する
・リーダーには「努力賞」は存在しない

リーダーが日々対峙するチームメンバーに働く「集団心理」。
集団心理を分析して見えてきた、求心力あるリーダーに必須の資質「アサーティブ」とは?

アサーティブ・リーダーの実態、
そしてアサーティブ・リーダーになるために必要な「4つのリーダーシップ」を
身につける具体的な方法を科学的根拠とともに紐解く。

現職のリーダーも、これからリーダーになる人も、
全組織人が「知っておくべきこと」と「具体策」をこの一冊に凝縮――。




ここでは試聴ができますよ
スタンフォード式 最高のリーダーシップ:スティーヴン・マーフィ重松








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 14:35 | Comment(0) | ビジネス > コーチング・リーダーシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

超訳 カーネギー 人を動かす:デール・カーネギー,弓場隆/訳

ナレーター茶川亜郎
再生時間 04:10:52
出版社 ディスカヴァー・トゥエンティワン
出版日 2018/8/26
販売開始日 2019/12/18
図表 なし
チャプター数 15
倍速版 あり

超訳 カーネギー 人を動かす:デール・カーネギー,弓場隆/訳



超訳 カーネギー 人を動かす:デール・カーネギー,弓場隆/訳



作品紹介

自己啓発の金字塔、待望の超訳で登場!

人間関係の黄金律として80年を超えて読み継がれ、
全世界で1000万部以上が売れている傑作を超訳しました。
忙しい人でもすぐに読めて、公私にわたり役に立ち、
人生が劇的に変わる本です。

本書の中から、人を動かすための3つの基本を紹介しましょう。

1 相手の意見を尊重する
もし相手に「あなたは間違っている」と単刀直入に言ったら、
相手はあなたに賛同したくなるだろうか?
とんでもない。
相手は自尊心を傷つけられるので反論したくなる。
あなたがどんなに名論卓説を並べようと、
相手は自分の信念を曲げようとしない。
なぜなら、相手は論理の生き物ではなく感情の生き物だからだ。

2 相手の意欲を高める最善の方法
実業家のチャールズ・シュワッブが大成功を収めた理由は、
人との接し方を心得ていたからである。
彼が明かした成功の秘訣は、紙に書いて額縁に入れ、
全国の家庭、学校、職場に飾っておくべきだ。
それを実行すれば、あなたの人生は大きく変わる。
「相手の長所を引き出す唯一の方法は、褒めて励ますことである。
上司や教師や親が小言を言うと、相手はやる気をなくしてしまう。
がんばりたくなるきっかけを相手に与えることが大切だ。
だから私は絶対に小言を言わないし、他人のあら探しもしない。
何かが気に入ったら、惜しみなく褒めるようにしている」

3 人を変える魔法の力
人を変えることについて話をしよう。
もし私たちが相手の秘められた才能に気づかせることができれば、
人を変えるよりもはるかに大きな成果があがる。
文字どおり人を変身させることができるからだ。
これはけっして大げさな表現ではない。ハーバード大学の教授を務めた
偉大な心理学者ウィリアム・ジェームズの名言を紹介しよう。
「私たちは本来あるべき状態と比べると、半分しか目覚めていない。
人間はふだん使っていない多種多様な力を秘めているが、
自分の限界よりもずっと狭い範囲で生きている」
まさにそのとおりだ。あなたはふだん使っていない多種多様な力を秘めている。
そのひとつが、人を褒めて奮い立たせ、
自分の可能性に気づかせる魔法の力だ。
反感を抱かせずに人を変えるために、どんなにわずかな進歩でも、
心を込めて惜しみなく人を褒めよう。
相手は気分をよくして、より一層の努力をするに違いない。




ここでは試聴ができますよ
超訳 カーネギー 人を動かす:デール・カーネギー,弓場隆/訳








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:04 | Comment(0) | ビジネス > コーチング・リーダーシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

メンバーが勝手に動く最高のチームをつくる プレイングマネジャーの基本:伊庭正康

ナレーター長塚コト,けんぞう,田所未雪
再生時間 03:13:38
出版社 かんき出版
配信日 2019/8/29
図表 1 枚
チャプター数 43
倍速版 なし

メンバーが勝手に動く最高のチームをつくる プレイングマネジャーの基本:伊庭正康



メンバーが勝手に動く最高のチームをつくる プレイングマネジャーの基本:伊庭正康



作品紹介

・つねに忙しくて、時間に追われている
・細かく指示を出さないと部下が動いてくれない
・仕事を任せたくても部下が育たない
・残業が禁止されているうえ、誰も手伝ってくれないので仕事を家に持ち帰る
・ストレスが溜まって胃が痛い。疲れる

自身の仕事とマネジメントのはざまで悩む「プレイングマネジャー専用」の仕事論!

本書は、「プレイングマネジャー」の仕事を、劇的にラクにすると同時に、チーム全体で成果を上げるためのノウハウを紹介する本です。

なぜ、「マネジャー」や「リーダー」ではなく「プレイングマネジャー」なのか。
それは、一般的に「マネジャー」「リーダー」と呼ばれる、経営者や上級管理職など、マネジメント専業の仕事と、プレイングマネジャーの仕事との間には、本質的な違いがあるからです。
プレイングマネジャーは、専任マネジャーとは違い、自身の業務と部下マネジメントの両方を行わなければなりません。そのため、専業のマネジャー向けのノウハウを伝えても、やることが増えるばかりで、よけいに忙しくなるからです。
本書では、つねに席にいることができない、多忙なプレイングマネジャーのために、「仕事の任せ方」「自分がいなくてもまわるチームのつくり方」「チーム全体の業務を3割削減するフレームワーク」など、今日から役立つノウハウを紹介しています。
本書の元となったノウハウは、これまで12000人のプレイングマネジャーが受講し、リピート率95%を誇る著者の企業研修を読者自身で実践できるようカスタマイズしたもの。
巻末には「特別付録」として、プレイングマネジャーが覚えておきたいスピードアップ仕事術を収録。ここでは、著者がこれまで実施した研修で紹介し、最も反響の大きかったTIPSを7つ紹介しています。





ここでは試聴ができますよ
メンバーが勝手に動く最高のチームをつくる プレイングマネジャーの基本:伊庭正康








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 11:38 | Comment(0) | ビジネス > コーチング・リーダーシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする