2021年03月31日

窓ぎわのトットちゃん:黒柳徹子

ナレーター 黒柳徹子
再生時間 02:35:20
出版社 講談社
出版日 2021/3/31
販売開始日 2021/3/31
図表 なし
チャプター数 2
倍速版 なし

窓ぎわのトットちゃん:黒柳徹子


窓ぎわのトットちゃん:黒柳徹子



作品紹介

戦後最大のベストセラー『窓ぎわのトットちゃん』。2021年は発売から40周年の記念イヤー。これまでに全世界で2371万部が発行され、今も愛読され続けています。台湾のオードリー・タン氏のご両親も大きな影響を受けたという本書は、トットちゃんがユニークな教育のトモエ学園で、友だちとのびのび成長していく自伝的物語。深い愛情で子どもたちの個性を伸ばしていった校長先生が、トットちゃんに言い続けた言葉「きみは、本当は、いい子なんだよ」は、今も黒柳徹子さんの宝物です。「絵本をじょうずに読んであげられるお母さんになりたい」という理由でNHK放送劇団を志望した、黒柳徹子さんご自身の朗読です。



こちらで試聴もできます
窓ぎわのトットちゃん:黒柳徹子








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 16:36 | Comment(0) | 文芸・落語 > 現代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

悟くんを、よろしく:貝沢弘子

ナレーター 佐藤こまき
再生時間 02:47:21
出版社 22世紀アート
出版日 2021/3/29
販売開始日 2021/3/29
図表 なし
チャプター数 7
倍速版 なし

悟くんを、よろしく:貝沢弘子


悟くんを、よろしく:貝沢弘子



作品紹介

人が人を想う気持ちが、奇跡を起こす。
ツアー会社に勤めるハナは、中止になったロンドンツアーの客・悟(さとる)と恋に落ちる。お互いを運命の人と感じた二人は愛をはぐくみ、間もなく結婚する。幸せの絶頂に居るハナだったが、彼女は人の死を「正夢」によって予知できる不思議な能力を持っていた。ある夜、ハナは正夢を見る。それは、自分自身が死ぬ夢だった。死を覚悟するハナを待ち受ける運命は――。
それぞれ複雑な事情をかかえた登場人物たちが前向きに変わっていく姿を描いた、心温まる物語。

【著者プロフィール】
貝沢 弘子(かいざわ・ひろこ)
1963年、新潟市生まれ。
10歳の時、「夢は作家になること」と発表するが、そのことはすっかり忘れ高校卒業後、市内の企業に就職。
子育てが落ち着いてきた頃から、小説を書き始める。
2012年『悟くんを、よろしく』を自費出版。
2018年『フタゴネ〜世界で一番、優しい女〜』を電子書籍にて出版。
2019年『悟くんを、よろしく』を改訂し電子書籍にて出版。



こちらで試聴もできます
悟くんを、よろしく:貝沢弘子








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 16:25 | Comment(0) | 文芸・落語 > 現代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

嫌われ松子の一生 (下):山田宗樹

ナレーター 徳田祐介,上田琴美
再生時間 10:00:41
出版社 幻冬舎
出版日 2004/8/1
販売開始日 2021/3/25
図表 なし
チャプター数 32
倍速版 あり

嫌われ松子の一生 (下):山田宗樹


嫌われ松子の一生 (下):山田宗樹



作品紹介

中学教師だった松子は、ある事件で馘首され故郷から失踪してしまう。
そこから彼女の転落し続ける人生が始まっていた。
一方、松子の生涯を辿っていた笙は、殺人歴を持つ男やかつての友人との出会いを経て、松子が小さな幸せを求め格闘した生身の女性だと気づいていく。
運命の波に翻弄され続けた女性の人生の軌跡を描く愛と感動のミステリ巨編!



こちらで試聴もできます
嫌われ松子の一生 (下):山田宗樹








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 17:29 | Comment(0) | 文芸・落語 > 現代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする