2019年12月08日

顔 FACE:横山秀夫

ナレーター本山かおり,松川裕輝,大南悠,前迫有里紗,中務貴幸
再生時間 08:13:07
出版社 徳間書店
出版日 2005/4/1
販売開始日 2019/12/8
図表 なし
チャプター数 53
倍速版 あり

顔 FACE:横山秀夫



顔 FACE:横山秀夫



作品紹介

「だから女は使えねぇ!」
鑑識課長の一言に傷つきながら、
ひたむきに己の職務に忠実に立ち向かう似顔絵婦警・平野瑞穂。

瑞穂が描くのは、犯罪者の心の闇。
追い詰めるのは「顔なき犯人」。

鮮やかなヒロインが活躍する異色のD県警シリーズ。



ここでは試聴ができますよ
顔 FACE:横山秀夫








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:37 | Comment(0) | 文芸・落語 > 現代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

パラレルワールドで待ち合わせ:白石泰三

ナレーター市村徹
再生時間 06:14:12
出版社 サンマーク出版
出版日 2018/10/2
販売開始日 2019/11/28
図表 1 枚
チャプター数 20
倍速版 あり

パラレルワールドで待ち合わせ:白石泰三



パラレルワールドで待ち合わせ:白石泰三



作品紹介

長崎・台湾・東京を舞台に、さまざまな不思議な出来事が巻き起こる!
爆笑必至の新しいスピリチュアル小説、誕生!

自己啓発作家としてデビューしたものの次回作が書けずに、
行き詰まりを感じている太一。

読者に向けたトークイベントを行うが、
「見えない世界」に懐疑的な太一は、
不用意な発言で参加者を怒らせてしまう日々。

そんなときに出会ったのが、
「スピリチュアルなんてくたばればいいのに」といいつつも、
未来がわかってしまう女性・里香。
反発しながらも、次第に彼女に惹かれていったそのとき、
不慮の事故が太一を襲う。

数々の「シンクロニシティ」、
事故による「臨死体験」と「体外離脱」、
死んだはずの「パラレルワールド」、
「UFO」からの召喚、
そして「龍使い」を名乗る青年との再会。
ラストに明かされる真実とは! ?

長崎・台湾・東京を舞台に、
さまざまな不思議な出来事が巻き起こる!

まるで、スピリチュアルのバラエティパック! ?
でもこれ全部、実話です。




ここでは試聴ができますよ
パラレルワールドで待ち合わせ:白石泰三








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:32 | Comment(0) | 文芸・落語 > 現代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

かがみの孤城:辻村深月

ナレーター花守ゆみり,東山奈央,島ア信長,伊藤かな恵,小林裕介,西山宏太朗,大和田仁美,堀江瞬,豊口めぐみ,千本木彩花,田澤茉純,幸村恵理,木朋弥,亀山雄慈,小田果林,喜多田悠,瀬戸歩,進藤亜由美
再生時間 19:06:47
出版社 ポプラ社
出版日 2017/5/11
販売開始日 2019/11/20
図表 なし
チャプター数 47
倍速版 あり

かがみの孤城:辻村深月


かがみの孤城:辻村深月



作品紹介
本屋大賞1位、辻村深月の最高傑作『かがみの孤城』をオーディオブック化!
中学生のこころを主人公に、生きづらさを抱えるすべての人に向けて描かれた物語を、
花守ゆみり、東山奈央、島ア信長など豪華声優陣の熱演で、心を込めてお届けします。

豪華プレゼントも!『かがみの孤城』特設サイトはこちら。


【作品概要】

学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。

【キャスト】

こころ・朗読:花守ゆみり
オオカミさま:東山奈央
リオン   :島ア信長
アキ    :伊藤かな恵
マサムネ  :小林裕介
スバル   :西山宏太朗
フウカ   :大和田仁美
ウレシノ  :堀江瞬

喜多嶋先生 :豊口めぐみ
東条萌   :千本木彩花
こころの母 :田澤茉純
真田美織  :幸村恵理
伊田先生  :木朋弥
こころの父 :亀山雄慈
リオンの母 :小田果林
リオンの父 :喜多田悠
フウカの母 :瀬戸歩
鮫島    :進藤亜由美



ここでは試聴ができますよ
かがみの孤城:辻村深月








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 16:33 | Comment(0) | 文芸・落語 > 現代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする