2020年10月19日

【朗読】wisの内田百閨i3)「私の『漱石』と『龍之介』(抄)」:内田百

ナレーター wis(ないとうさちこ)
再生時間 03:22:31
出版社 響林社
販売開始日 2020/10/19
図表 なし
チャプター数 17
倍速版 なし

【朗読】wisの内田百閨i3)「私の『漱石』と『龍之介』(抄)」:内田百


【朗読】wisの内田百閨i3)「私の『漱石』と『龍之介』(抄)」:内田百



作品紹介

漱石の門下生の一人の内田百閧ェ直接接した漱石の姿を描く。
 百閧ェ初めて漱石を胃腸病院に緊張して訪ねた際に漱石が気を遣って接する様子、新聞連載中で不機嫌な漱石が木曜会で門下生の一人を珍しく罵倒したこと、生活に窮して静養先の湯河原まで訪ねてきた百閧フ無心に漱石が快く応じて温泉に入らせて帰らせたこと、岩波の漱石全集の校正に携わった百閧悩ました漱石の文章の語尾の無頓着さ、貰い受けた書き潰し原稿に残っていた漱石の「遺毛」、百闡に掛けてある漱石の初期の書画を訪ねてきた漱石に回収されてしまったことなどのエピソードが語られている。
 このオーディオブックで収録したのは漱石に関する部分の抜粋である。



ここでは試聴ができますよ
【朗読】wisの内田百閨i3)「私の『漱石』と『龍之介』(抄)」:内田百








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:07 | Comment(0) | 文芸・落語 > 現代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

女の戦争 死なないでください:堀内まひる

ナレーター 樋口将大
再生時間 01:18:50
出版社 22世紀アート
販売開始日 2020/10/12
図表 なし
チャプター数 4
倍速版 なし

女の戦争 死なないでください:堀内まひる


女の戦争 死なないでください:堀内まひる



作品紹介

―家族とこころ、再生の物語―
将来を嘱望された若きエリート医師に裏切られ、心に深い傷を負った涼子。そのお腹には、小さな命が宿っていた。
ある日、身を寄せた先輩看護師の家から姿を消した涼子は、林道から突然飛び出してきたところを、家出した生徒を探していた慶次郎に助けられる。慶次郎は、精神に変調を来たしつつあった涼子とお腹の子どもの父となることを決意し、生まれてきた男の子に「大」と名付けた。
時は流れ、弁護士と公認会計士の資格を取得し、立派に成長した大は、長年準備してきた「復讐」を実行するため、かつての若きエリート医師を、ホテルに呼び出すが――。
家族とは、償いとは何か。心に受けた悲しみの記憶に囚われた人々に贈る、愛と癒しの物語。



ここでは試聴ができますよ
女の戦争 死なないでください:堀内まひる








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:50 | Comment(0) | 文芸・落語 > 現代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

音楽小説『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』 【第2話】令和:ふるたみゆき

ナレーター堀田貴裕
再生時間 00:30:21
出版日 2019/5/13
販売開始日 2020/10/1
図表 なし
チャプター数 1
倍速版 なし

音楽小説『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』 【第2話】令和:ふるたみゆき


音楽小説『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』 【第2話】令和:ふるたみゆき


作品紹介

若きピアニストは極秘ミッションを携えて、19世紀パリへワープする――
大好評連載中の音楽小説がついにオーディオブック化!
小説家、イラストレーター、俳優、作曲家、ピアニスト……異分野の才能のコラボレーションから生まれた完全オリジナル作品。
美しい音楽とともに、めくるめく冒険の旅をお楽しみください。

【制作チーム】
作・演出:ふるた みゆき
画:中山 尚子
声:堀田 貴裕(東映株式会社 京都撮影所)
オリジナル曲『夢の浮橋変奏曲』作曲:神山 奈々
オリジナル曲『夢の浮橋変奏曲』演奏:片山 柊
後援:一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

【原作】
ピティナ調査・研究ページ:
https://research.piano.or.jp/series/fermata/index.html

【BGM音源】
ピティナ・ピアノ曲事典:
https://enc.piano.or.jp/




ここでは試聴ができますよ
音楽小説『旅するピアニストとフェルマータの大冒険』 【第2話】令和:ふるたみゆき








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 09:17 | Comment(0) | 文芸・落語 > 現代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする