2021年01月12日

茶色の朝:フランクパヴロフ,ヴィンセントギャロ,藤本一勇,高橋哲哉

ナレーター やがら純子
再生時間 00:45:30
出版社 大月書店
出版日 2003/12/1
販売開始日 2021/1/12
図表 なし
チャプター数 2
倍速版 あり

茶色の朝:フランクパヴロフ,ヴィンセントギャロ,藤本一勇,高橋哲哉


茶色の朝:フランクパヴロフ,ヴィンセントギャロ,藤本一勇,高橋哲哉



作品紹介

これは昔々ある国に起こったおとぎ話ではない。

フランスで100万部突破のベストセラー

原著者/Franck Pavloff
原著名/Matin brun
世界10ヶ国以上で出版。
「ごく普通の」国家が、日々の生活に知らぬ間に忍び込み、
人びとの行動や考え方をだんだんと支配するようになるさまを描いたショート・ストーリー。
日本語版のためにヴィンセント・ギャロが描き下ろした「Brown Morning」14点、
哲学者・高橋哲哉のメッセージが加わった日本だけのオリジナル編集。

物語/フランク・パヴロフ(藤本一勇訳)
絵/ヴィンセント・ギャロ
メッセージ/高橋哲哉



ここでは試聴ができますよ
茶色の朝:フランクパヴロフ,ヴィンセントギャロ,藤本一勇,高橋哲哉








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:51 | Comment(0) | 文芸・落語 > 海外文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月21日

日の名残り:カズオイシグロ,土屋政雄/訳

ナレーター 宮本充
再生時間 10:38:31
出版社 早川書房
出版日 2001/5/1
販売開始日 2020/12/21
図表 なし
チャプター数 30
倍速版 あり

日の名残り:カズオイシグロ,土屋政雄/訳


日の名残り:カズオイシグロ,土屋政雄/訳



作品紹介

品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。
美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。
長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、
女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された
重要な外交会議の数々―過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。
失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。



ここでは試聴ができますよ
日の名残り:カズオイシグロ,土屋政雄/訳








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:00 | Comment(0) | 文芸・落語 > 海外文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

ドン・キホーテ〈前篇2〉:セルバンテス,牛島信明/訳

ナレーター鬼塚啓之進
再生時間 09:37:22
出版社 岩波書店
出版日 2001/1/16
販売開始日 2020/10/4
図表 1 枚
チャプター数 26
倍速版 なし

ドン・キホーテ〈前篇2〉:セルバンテス,牛島信明/訳


ドン・キホーテ〈前篇2〉:セルバンテス,牛島信明/訳



作品紹介

その名も高きドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャとその従士サンチョ・パンサ、
例によって思い込みで漕刑囚たちを救ったあげく、
逆に彼らに袋だたきにされ、身ぐるみはがれる散々な目に。

主従はお上の手の者の目を逃れ、
シエラ・モレーナの山中に。

自らを戯作者と卑下していたセルバンテスが、
彼の分身として誕生せしめたドン・キホーテがハムレットと並んで一つの不朽な人間類型とまで成長したことは
彼自身にとってまったく意外のことであった。
われわれは、この世俗的軌道を脱した人物の中に
永遠に若い羞恥心と犠牲的精神の偉大さをもう一度見いだすべきであろう。

ドン・キホーテ前編の2を音声化。



ここでは試聴ができますよ
ドン・キホーテ〈前篇2〉:セルバンテス,牛島信明/訳








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 00:00 | Comment(0) | 文芸・落語 > 海外文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする