2021年04月01日

花を見るように君を見る:ナ・テジュ,黒河星子/訳

ナレーター 河本啓佑,田所未雪,斎藤美保,渕上りおな,桃二郎
再生時間 01:43:38
出版社 かんき出版
出版日 2021/4/1
販売開始日 2021/4/1
図表 なし
チャプター数 119
倍速版 なし

花を見るように君を見る:ナ・テジュ,黒河星子/訳


花を見るように君を見る:ナ・テジュ,黒河星子/訳



作品紹介

★韓国で大ベストセラー50万部突破!
世界的人気アイドルグループBTS(防弾少年団)RM、BLACKPINK・ジスの愛読書として話題の本、待望の日本語訳!
★韓国の人気ドラマ『ボーイフレンド』(ソン・ヘギョ、パク・ボゴム主演)劇中の重要シーンで使用され、発売から再び大ブームを巻き起こし、老若男女問わず共感を集め大反響。
★イ・ジョンソク出演『ゆれながら咲く花』のセリフで朗読された「草花」や本人のインスタグラムにアップされた「ぼくがきみを」も収録。

本書は「詩人の代表作は読者が決めるもの」という著者の理念から、ブログやツイッターなどでよく取り上げられた作品を選んで115編を収録。著者の代表作であり、集大成といえます。子どもが話しているように純粋で、温かい日だまりのような至福の詩と、繊細なタッチの花々の挿し絵が、静かに心に染み入る一冊。


【オーディオブック限定2大特典】
1)人気声優・河本啓佑さんによる朗読!
韓国の人気ドラマ『ボーイフレンド』や『雲が描いた月明かり』、『青春の記録』で主演俳優パク・ボゴムさんの吹き替えを担当された河本さんが全編朗読。
一編一編の情景が目に浮かぶような、優しく、切なく、温かい声がじんわり染み入ります。

2)ここでしか聴けない!心がとろけるスペシャルシチュエーションメッセージ付
河本啓佑さんによる、情熱的な愛の告白やバースデーのお祝いなどの限定メッセージ。自分が物語のヒロインになった気持ちでお楽しみください。



こちらで試聴もできます
花を見るように君を見る:ナ・テジュ,黒河星子/訳








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 10:46 | Comment(0) | 文芸・落語 > 海外文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月11日

わたしを離さないで:カズオイシグロ,土屋政雄/訳

ナレーター 園崎未恵
再生時間 13:33:59
出版社 早川書房
出版日 2006/4/22
販売開始日 2021/3/11
図表 なし
チャプター数 39
倍速版 あり

わたしを離さないで:カズオイシグロ,土屋政雄/訳


わたしを離さないで:カズオイシグロ,土屋政雄/訳



作品紹介

自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。
キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。
共に青春 の日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミーも彼女が介護した。
キャシーは病室のベッドに座り、あるいは病院へ車を走らせながら、施設での奇 妙な日々に思いをめぐらす。
図画工作に極端に力をいれた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちの不思議な態度、そして、キャシーと愛する人々 がたどった数奇で皮肉な運命に……。
彼女の回想はヘールシャムの驚くべき真実を明かしていく

――英米で絶賛の嵐を巻き起こし、代表作『日の名残り』を凌駕する評されたイシグロ文学の最高到達点



ここで試聴もできます
わたしを離さないで:カズオイシグロ,土屋政雄/訳








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 16:45 | Comment(0) | 文芸・落語 > 海外文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

そして誰もいなくなった:アガサ・クリスティー,青木久惠/訳

ナレーター 井上和彦
再生時間 09:38:48
出版社 早川書房
出版日 2010/11/10
販売開始日 2021/2/25
図表 なし
チャプター数 28
倍速版 あり

そして誰もいなくなった:アガサ・クリスティー,青木久惠/訳


そして誰もいなくなった:アガサ・クリスティー,青木久惠/訳



作品紹介

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。
だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が響く…
そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく!
強烈なサスペンスに彩られた最高傑作。新訳決定版。



ここで試聴もできます。
そして誰もいなくなった:アガサ・クリスティー,青木久惠/訳








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:04 | Comment(0) | 文芸・落語 > 海外文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする