2020年10月04日

ドン・キホーテ〈前篇2〉:セルバンテス,牛島信明/訳

ナレーター鬼塚啓之進
再生時間 09:37:22
出版社 岩波書店
出版日 2001/1/16
販売開始日 2020/10/4
図表 1 枚
チャプター数 26
倍速版 なし

ドン・キホーテ〈前篇2〉:セルバンテス,牛島信明/訳


ドン・キホーテ〈前篇2〉:セルバンテス,牛島信明/訳



作品紹介

その名も高きドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャとその従士サンチョ・パンサ、
例によって思い込みで漕刑囚たちを救ったあげく、
逆に彼らに袋だたきにされ、身ぐるみはがれる散々な目に。

主従はお上の手の者の目を逃れ、
シエラ・モレーナの山中に。

自らを戯作者と卑下していたセルバンテスが、
彼の分身として誕生せしめたドン・キホーテがハムレットと並んで一つの不朽な人間類型とまで成長したことは
彼自身にとってまったく意外のことであった。
われわれは、この世俗的軌道を脱した人物の中に
永遠に若い羞恥心と犠牲的精神の偉大さをもう一度見いだすべきであろう。

ドン・キホーテ前編の2を音声化。



ここでは試聴ができますよ
ドン・キホーテ〈前篇2〉:セルバンテス,牛島信明/訳








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 00:00 | Comment(0) | 文芸・落語 > 海外文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

オズの魔法使い:ライマン・フランク・ボーム,ウィリアム・W.デンスロウ/イラスト,渡辺茂男/訳

ナレーター五十嵐麗
再生時間 06:23:17
出版社 福音館書店
出版日 1990/6/30
販売開始日 2020/7/20
図表 なし
チャプター数 27
倍速版 あり

オズの魔法使い:ライマン・フランク・ボーム,ウィリアム・W.デンスロウ/イラスト,渡辺茂男/訳


オズの魔法使い:ライマン・フランク・ボーム,ウィリアム・W.デンスロウ/イラスト,渡辺茂男/訳



作品紹介

『オズの魔法使い』は、1990年に刊行され、以降ミュージカル等様々形で愛された名作です。
日本では抄訳版が多い中で、この度音声化した「福音館古典童話」シリーズの『オズの魔法使い』は、
『エルマーのぼうけん』などでおなじみの渡辺茂男氏による全訳となっており、
初版当時にアメリカで空前のベストセラーとなった本作品の魅力を存分に味わっていただけます。

オーディオブック版では、劇場映画『マレフィセント2』(イングリス王妃)、
アニメ『魔法少女リリカルなのは』(プレシア・テスタロッサ)などに出演している
声優・五十嵐麗さんが全編を朗読し、主人公のドロシーからブリキの木こり、カカシ、
ライオン、オズの魔法使いの声などを感情豊かに演じ分けます。



ここでは試聴ができますよ
オズの魔法使い:ライマン・フランク・ボーム,ウィリアム・W.デンスロウ/イラスト,渡辺茂男/訳









posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 14:20 | Comment(0) | 文芸・落語 > 海外文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

新版 指輪物語〈6〉/王の帰還〈下〉:J.R.R. トールキン,瀬田貞二/訳,田中明子/訳

ナレーター大川透
再生時間 10:01:28
出版社 評論社
出版日 1992/5/1
販売開始日 2020/6/7
図表 なし
チャプター数 26
倍速版 あり

新版 指輪物語〈6〉/王の帰還〈下〉:J.R.R. トールキン,瀬田貞二/訳,田中明子/訳


新版 指輪物語〈6〉/王の帰還〈下〉:J.R.R. トールキン,瀬田貞二/訳,田中明子/訳



作品紹介

-恐ろしい闇の力を秘める黄金の指輪をめぐり、
小さいホビット族や魔法使い、妖精族たちの果てしない冒険と遍歴が始まる。
数々の出会いと別れ、愛と裏切り、哀切な死。
全てを呑み込み、空前の指輪大戦争へ―。

世界中のヤングを熱狂させた、不滅の傑作ファンタジー。
旧版の訳にさらに推敲を加え、新たに『追補編』を収録した「新版」です。
トールキン生誕100年記念出版。

【新版 指輪物語〈6〉/王の帰還〈下〉 あらすじ】
モルドールに到った今、フロドにとって
指輪の重みは耐え難いものになっていた。
サムに支えられながら、二人は使命の最後の行程にさしかかる。
ガンダルフとアラゴルンたち西国の王の軍は、今にも闇の軍隊に呑み込まれようとしていた。
そのとき…。運命は終局に向けて突き進んでいく。指輪の帰趨は…。



ここでは試聴ができますよ
新版 指輪物語〈6〉/王の帰還〈下〉:J.R.R. トールキン,瀬田貞二/訳,田中明子/訳








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:12 | Comment(0) | 文芸・落語 > 海外文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする