2019年12月17日

博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ:ひきた よしあき

ナレーターけんぞう
再生時間 03:51:07
出版社 かんき出版
出版日 2018/3/5
販売開始日 2019/12/17
図表 1 枚
チャプター数 50
倍速版 なし

博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ:ひきた よしあき



博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ:ひきた よしあき



作品紹介

「何から書いていいのかわからない」「どう書けば伝わるのかわからない」という、文章に関する悩みを解決するコツが満載!

企画書、提案書、メール、エントリーシート、SNS……。仕事でも、プライベートでも短い文章を書く機会は多いもの。しかし、限られた字数のなかで読み手に伝わる文章を書くのはなかなか難しいものです。また、SNSが発達するにつれ、炎上、クレーム、批判を恐れるあまり、あえて言いたいことをぼかし、曖昧に伝える文章も増えています。こういった迷いが生じると、文章は長くなり、どんどん伝わりにくくなってしまいます。
本書は、博報堂でスピーチライター、コピーライターとして活躍するかたわら、大学などで「言葉の持つ力」について教えている、言葉のスペシャリストが、短くても伝わる、そして読み手に「面白い!」と思わせる文章の書き方を、ていねいに解説していきます。




ここでは試聴ができますよ
博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ:ひきた よしあき








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:44 | Comment(0) | ビジネス > プレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

世界のトップを10秒で納得させる資料の法則:三木雄信

ナレーター柳よしひこ
再生時間 05:25:09
出版社 東洋経済新報社
出版日 2015/5/1
配信日 2019/2/6
図表 43 枚
チャプター数 18
倍速版 あり

世界のトップを10秒で納得させる資料の法則:三木雄信



世界のトップを10秒で納得させる資料の法則:三木雄信



作品紹介

ソフトバンクの社長室長を勤め孫社長の懐刀として活躍してきた著者が、超多忙の孫社長が「一瞬でわかった!」と納得する資料の作り方を解説。
売上報告書からプロジェクトマネジメントシートまで、10種類の主要資料の作成のツボと考え方が1冊で学べる本です。

売上グラフは右肩上がりになるように作れ!
資料にひと目でわかる「構造化」を行え!
課題のボトルネックを浮かび上がらせろ!
回帰分析で経営者マインドを養え!
ソフトバンク流資料作りの極意を大公開!

※図表43枚ありますので、オーディオブックでもだいじょうぶです



ここでは試聴ができますよ
世界のトップを10秒で納得させる資料の法則:三木雄信









posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:31 | Comment(0) | ビジネス > プレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100:西沢泰生

ナレーター けんぞう
再生時間 04:56:53
出版社 かんき出版
出版日 2017/2/13
配信日 2018/4/22
図表 なし
分割ファイル数 122 枚
倍速版 なし



朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100:西沢泰生



作品紹介

「アガリ症で話しベタ」
「人前で話すのが怖い」
「それなのに、人前で話す機会がある」


本書は、そんなあなたへ、一生モノの「秘宝」を贈る1冊です。



「秘宝」とは、ズバリ、「話のネタ」!
他人の興味を引く「鉄板ネタ」さえ持っていれば、誰でも「人前で話すこと」が怖くなくなります。
そして、たとえ話しベタであっても、相手にやる気になってもらったり、相手に笑ってもらったり、感心されたりする、説得力のある話ができるのです。
聞き手が具体的にイメージしやすいようにスポーツ選手や芸能人など、著名人のエピソードもたくさん織り込んだ「鉄板ネタ」を100個集めました。



*朝礼で部下にやる気になってもらいたい。
*人前でスピーチをするときや自己紹介で、聴いている人たちを笑わせたい。
*商談や、お客様への提案で相手が「へぇ〜っ」と感心する話をしたい。
*話が面白い人になって、ユーモアのセンスがある人だと思われたい、モテたい。


そんなあなた、ぜひ読んでいただきたい本です。



単にネタを並べるだけでなく、さまざまな工夫も凝らしています。



1それぞれのネタのレベルを、「どれくらいウケそうか」という観点から★1つ〜5つまでの5段階で採点して評価
2ネタが使える場面として、「朝礼」「スピーチ」「雑談」「プレゼン」「接待」を想定。各々ネタがどの場面に適するのがわかるように見出し周りに表示
3ネタを紹介した後に、ネタの用途例(使いみち)や効果的なアレンジ例(応用の仕方)についてコンパクトに解説



この1冊あれば、もう話すネタでは困らない。人前に出るのがきっと楽しくなります!




ここで視聴もできますよ
朝礼・スピーチ・雑談 そのまま使える話のネタ100:西沢泰生









posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 10:12 | Comment(0) | ビジネス > プレゼンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする