2019年07月15日

右脳思考:内田和成

ナレーター河口薫
再生時間 05:09:57
出版社 東洋経済新報社
出版日 2018/12/26
配信日 2019/7/15
図表 11 枚
チャプター数 16
倍速版 あり

右脳思考:内田和成



右脳思考:内田和成



作品紹介

優れたビジネスマンは勘で仕事する!

「なんか、変だぞ」「これは面白い」……。
本物の経営者は思いつきやひらめきを大事にしている。
生産性と創造性が劇的に上がる思考法を解説。


著者・内田和成氏が経営コンサルタントの仕事を通じて、優れた経営者から学んだのは、彼らは経験や直感を大切にしているということである。
大改革を成し遂げた経営者、ユニークな戦略で自社を飛躍させた経営者に、「なぜ、そのような意思決定をしたのか」と尋ねると、「勘です」とか、「答えは誰もわからない、やってみるしかない」という回答をもらうことが多い。

「優秀なコンサルタントもいきなりフレームワークから持ち出さない」とも述べる。
左脳的に分析を始めたり、プレゼンテーションをするのはあまりお勧めできない。

本書で伝えたいのは、ロジカルシンキングの否定ではない。
ロジックに加え、感情や勘、すなわち右脳を働かせることで仕事をより効率的に進める、あるいは、成果をあげられるということだ。

「勘や感覚よりもロジックが大事」というのはビジネスの常識。
勘・感覚は右脳的、ロジックは左脳的。ビジネスは左脳重視の世界だ。
本書はこの常識に挑戦する。
ロジックの権化と言われる戦略コンサルティングファームのトップを務めた著者は「右脳も大事」と説く。
コンサルタント時代から右脳重視派だった著者が右脳・左脳の使い分け方、使うタイミングを解説する。
生産性と創造性が劇的に上がる1冊。



ここでは試聴ができますよ
右脳思考:内田和成








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:59 | Comment(0) | ビジネス > 思考術・発想法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

発想力を鍛える 33の思考実験:北村良子

ナレーター石塚麻路
再生時間 04:51:59
出版社 彩図社
出版日 2018/10/30
配信日 2019/7/3
図表 1 枚
チャプター数 14
倍速版 あり

発想力を鍛える 33の思考実験:北村良子



発想力を鍛える 33の思考実験:北村良子



作品紹介

前作『論理的思考力を鍛える33の思考実験』は、おかげさまで好評をいただき、ベストセラーとなりました。
本作はその続編です。前作同様、有名な思考実験を中心に構成しました。
前作のテーマである「論理的思考力」は、考えをタテに積み上げながら考え抜く力です。
一方の今作のテーマは、論理的思考力と合わせて持っておきたい「発想力」を意識して構成されています。
発想力は、考えをヨコに広げ、新たな思考を呼び起こす考え方です。
ぜひ、本書では「知識」を材料として、「どう使うか」、「どう答えを出すか」という「考え抜く力」を意識して読み進めてみてください。



ここでは試聴ができますよ
発想力を鍛える 33の思考実験:北村良子








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:41 | Comment(0) | ビジネス > 思考術・発想法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか:鳩山玲人

ナレーター海老沢潮
再生時間 03:52:39
出版社 幻冬舎
出版日 2013/12/12
配信日 2019/5/6
図表 3 枚
チャプター数 12
倍速版 あり

桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか:鳩山玲人




桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか:鳩山玲人




作品紹介

34歳ときに三菱商事からサンリオに入社した鳩山氏。
海外でのライセンス事業に注力した結果、欧米での収入が大きく伸びたことで(営業利益の90%以上は海外)、会社の営業利益は5年で約3倍、時価総額は約7倍に。
その実績をかわれ、2013年6月には39歳にして、DeNAの社外取締役に抜擢。
鳩山氏は一体、どのようにして桁外れの結果を出し続けているのか。
その秘訣を具体的に伝授。



ここでは試聴ができますよ
桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか:鳩山玲人








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:48 | Comment(0) | ビジネス > 思考術・発想法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする