2020年12月22日

茶聖:伊東潤

ナレーター 茶川亜郎
再生時間 17:13:29
出版社 幻冬舎
出版日 2020/2/20
販売開始日 2020/12/22
図表 なし
チャプター数 44
倍速版 あり

茶聖:伊東潤


茶聖:伊東潤



作品紹介

真の芸術家か、
戦国最大のフィクサーか――
安土桃山時代に「茶の湯」という一大文化を完成させ、
天下人・豊臣秀吉の側近くに仕えるも、
非業の最期を遂げた千利休。
革命的な価値創造への執念と矜持。
わが死をもって「茶の湯」は永遠となる。
その切腹の真相に迫る戦国大河ロマン。


戦場はたった二畳の茶室――。
そこで繰り広げられる秀吉との緊迫の心理戦。
門弟となった武将たちとの熱き人間ドラマ。
愛妻、二人の息子たちとの胸に迫る家族愛。

史料を駆使して描き切る
著者渾身、裏「太閤記」!
圧巻の読み応え。528ページ?



ここでは試聴ができますよ
茶聖:伊東潤








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:01 | Comment(0) | 文芸・落語 > 歴史・時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月04日

北方謙三 水滸伝 第19巻 旌旗の章(第1538回〜第1629回):北方謙三

ナレーター 石橋凌,横尾まり,野島裕史
再生時間 13:48:00
出版社 集英社
出版日 2008/4/18
販売開始日 2020/11/4
図表 なし
チャプター数 92
倍速版 なし

北方謙三 水滸伝 第19巻 旌旗の章(第1538回〜第1629回):北方謙三


北方謙三 水滸伝 第19巻 旌旗の章(第1538回〜第1629回):北方謙三



作品紹介

2011年4月よりKBCラジオで放送されている朗読番組「ミヤリサン製薬プレゼンツ 北方謙三 水滸伝」が、いつでもどこでもお楽しみいただけるようになりました!

この作品の著者、佐賀県唐津市出身の北方謙三さん、語りで福岡県久留米市出身の石橋凌さんと、北部九州を放送エリアとしたKBCラジオがタッグを組んだ本作品は、横尾まりさん、野島裕史さんという実力派声優、壮大なオリジナルテーマ曲も加わり、「北方版水滸伝」に描かれる"漢"たちの生き様を音声化、リスナーの想像力を刺激する独自の世界観を作り出しています。

※ラジオ放送音源を使用しているため、オープニング音声などが収録されています。

<あらすじ>
最終決戦の秋が訪れる。童貫はその存在の全てを懸けて総攻撃を仕掛けてきた。梁山泊は宋江自らが出陣して迎え撃つ。一方、流花寨にも趙安が進攻し、花栄が死力を尽くし防戦していた。壮絶な闘いによって同志が次々と戦死していく中、遂に童貫の首を取る好機が訪れる。史進と楊令は、童貫に向かって流星の如く駈けた。この国に光は射すのか。漢たちの志は民を救えるのか。北方水滸、永遠の最終巻。



ここでは試聴ができますよ
北方謙三 水滸伝 第19巻 旌旗の章(第1538回〜第1629回):北方謙三








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:59 | Comment(0) | 文芸・落語 > 歴史・時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月23日

星を継ぐ者 北町南町かけもち同心:いずみ光

ナレーター粕谷智子
再生時間 09:12:17
出版社 コスミック出版
出版日 2015/5/25
販売開始日 2020/9/23
図表 なし
チャプター数 61
倍速版 なし

星を継ぐ者 北町南町かけもち同心:いずみ光


星を継ぐ者 北町南町かけもち同心:いずみ光



作品紹介

北町奉行所と南町奉行所―。
およそ十五町離れた両町奉行所は、実は競争意識が凄まじく、
ことあるごとに角を突き合わせる関係であった。
そんな悪しき状況を憂いていた時の筆頭老中・三枝正弘は、
事件の早期解決と江戸の治安向上を強く願って、
北町の姓名掛同心である服部梅三郎に南町の同職も兼務させ、双方のかけ橋にしようとした。
その梅三郎が朗報を耳にする。南町の与力の家に、北町の同心が養子入りするというのだ。
縁組みを契機に南北の交流を密にできる、そう期待した。
が、一つの殺人事件の吟味方法をめぐり、両者に軋轢が…。
果たして、“かけもち同心”の腕の見せどころは有りや無しや。
お膳立てした終幕に思わず胸が熱くなる人情捕物、好評の第三弾! (BOOKデータベースより)



ここでは試聴ができますよ
星を継ぐ者 北町南町かけもち同心:いずみ光








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 10:05 | Comment(0) | 文芸・落語 > 歴史・時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする