2020年06月20日

ひとり老後、賢く楽しむ:岸本葉子

ナレーター北林きく子
再生時間 05:29:02
出版社 文響社
出版日 2019/7/19
販売開始日 2020/6/20
図表 なし
チャプター数 14
倍速版 あり

ひとり老後、賢く楽しむ:岸本葉子


ひとり老後、賢く楽しむ:岸本葉子



作品紹介

子どもがいても、夫婦でも、最後はひとり・・・?
「ひとり老後」を楽しく暮らすための準備と考え方。
・90代、80代でひとり暮らしをしている人の暮らし方
・60代でローンで家を買った人は後悔しているか
・老人ホームの見学には早めに行く
・老後に向けたリフォームでやってよかったこと
・老後の不安はお金だけでは消えない
・80代父親の介護から学んだこと
・シルバー人材センターで活躍する人はどんな人か



ここでは試聴ができますよ
ひとり老後、賢く楽しむ:岸本葉子








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:34 | Comment(0) | 文芸・落語 > エッセイ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

東京貧困女子。: 彼女たちはなぜ躓いたのか:中村淳彦

ナレーター山口由規乃
再生時間 10:42:52
出版社 東洋経済新報社
出版日 2019/4/5
販売開始日 2020/5/28
図表 なし
チャプター数 27
倍速版 あり

東京貧困女子。: 彼女たちはなぜ躓いたのか:中村淳彦


東京貧困女子。: 彼女たちはなぜ躓いたのか:中村淳彦



作品紹介

その日暮らしは十分できます。
もっと経済的に厳しい人がいるのも十分承知はしています。
けど、ずっとギリギリの生活で、なんの贅沢もしていないのに貯金すらできない。
年齢ばかり重ねて、私はいったいどうなってしまうのだろうって

貧困は、経済的な貧しさ、病気、希薄な人間関係、孤独、救済制度の知識不足など、
ネガティブな要素が重なって深刻さが増していく。

特に、家賃が高く、地域の縁が薄い東京暮らしは、躓いて貧困に陥りやすい。

東京の貧困女子の苦境を聞きながら、なんとかならないかと何度も思ったが、
自己責任の言葉は止まらないので、状態はもっと悪化するとしか思えない。

無理解が蔓延する現状ではSOSを出しても、どこにも届かない可能性が高い。

いつ誰が転落するかわからない社会である以上、
貧困女子たちの声は誰にとっても他人事ではないはずだ。

どこかのタイミングで女性から中年男性にシフトチェンジするかもしれない。

私自身、取材で出会った彼女たちと遠くない未来の自分の姿がダブって怖くなった。

***

奨学金という名の数百万円の借金に苦しむ女子大生風俗嬢、
理不尽なパワハラ・セクハラが日常の職場で耐える派遣OL、
民間企業よりもひどい、まじめな女性ほど罠に陥る官製貧困、
明日の生活が見えない高学歴シングルマザー…。

貧困に喘ぐ彼女たちの心の叫びを「個人の物語」として丹念に聞き続けたノンフィクション。

東洋経済オンライン1億2000万PV突破の人気連載、待望の書籍化!

いま日本で拡大しているアンダークラスの現状が克明に伝わってくる。



ここでは試聴ができますよ
東京貧困女子。: 彼女たちはなぜ躓いたのか:中村淳彦








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:16 | Comment(0) | 文芸・落語 > エッセイ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

むくどりおばあちゃんの夢を追いつづけて カナダも英語もむくどりホームも:柴川明子

ナレーター佐藤こまき
再生時間 07:43:57
出版社 22世紀アート
出版日 2020/5/15
販売開始日 2020/5/15
図表 なし
チャプター数 20
倍速版 なし

むくどりおばあちゃんの夢を追いつづけて カナダも英語もむくどりホームも:柴川明子


むくどりおばあちゃんの夢を追いつづけて カナダも英語もむくどりホームも:柴川明子



作品紹介

12歳の少女だった著者・柴川明子氏は、少女雑誌でヘレン・ケラーの家庭教師アン・サリバンの出身校パーキンス盲学校教員養成課程を知り、16歳で全盲女性と友人になり、20歳のときにヘレン・ケラーの来日公演を聞きました。
柴川氏は、そうした人々との触れ合いを通して、いつかすべての人が一緒に出会い触れ合える場所をつくりたいと強く願うようになりました。
それから40年、柴川氏はむくどりホーム・ふれあいの会を結成し、20歳当時の夢を実現させようと努めています。

本書では、著者がむくどりホーム・ふれあいの会の活動の中で感じた苦労や喜び、そして度々訪れるトロントで感じたこと触れ合った人々について、ゆったりとした口調で物語ります。
多くの写真からも伝わる柴川氏の優しい日常が綴られた1冊です。



ここでは試聴ができますよ
むくどりおばあちゃんの夢を追いつづけて カナダも英語もむくどりホームも:柴川明子








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 00:00 | Comment(0) | 文芸・落語 > エッセイ・ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする