2020年05月16日

米中新冷戦の正体 - 脱中国で日本再生 - :馬渕睦夫,河添恵子

ナレーター西村不二人,井上侑子
再生時間 06:46:06
出版社 ワニブックス
出版日 2019/7/8
販売開始日 2020/5/16
図表 なし
チャプター数 20
倍速版 あり

米中新冷戦の正体 - 脱中国で日本再生 - :馬渕睦夫,河添恵子


米中新冷戦の正体 - 脱中国で日本再生 - :馬渕睦夫,河添恵子



作品紹介

◆100年に1度の世界変革期と日本の選択
・ロシア革命から100年、2019年に日本がすべき精神武装
・「トランプのアメリカ」を正確に理解すれば見えてくる!
・1%の人間が82%の富を掌握する世界

■中国共産党は「ディープステート」によってつくられた!
・アメリカ左派と中国共産党の蜜月時代
・米国左派と中国共産党の金融ギルド
・中国は民主主義を利用して民主主義を破壊する
・日本には中共の工作員5万人!?
・海外勤務の際、有能な人が近くにいたら注意

◆5G覇権戦争 サイバー空間が米中の主戦場
◎ソ連の衛星国としての役目だった中国
◎越えてはならない一線を越えた中国
◎「現在の危機に関する委員会:中国」を設立
◎ モンスター化した中国系企業
◎ ディープステートが分裂?
◎ 世界最高水準を誇る中国の監視システム
◎ ハルマゲドンのきっかけは東アジア!?
◎ 日本はすでにテロ攻撃を受けている

■「林原チャンネル」の人気番組を完全書籍化
気鋭のチャイナ・ウオッチャーノンフィクション作家・河添恵子と
世界を知り尽くした馬渕睦夫大使が伝える真実の世界!!

■日本は中国とどう向き合うか!
米中新冷戦関係の中で、わが国が取るべき選択は火を見るよりも明らかです。
中国共産党独裁政権の延命に手を貸すような関与策を改め、
トランプ政権と共に自由で開かれた主権国家が共存できる国際社会の実現へ向け努力すべきです。
これは同時に、ディープステートのグローバリズムとも一線を画すことになります。
対談において、これこそわが国が自立を達成する道であることを強調しました。
しかし、この期に及んでまだ、大国中国を刺激するのは得策でないとか、
日中貿易が減退すれば損をするのは日本だとか、
私たちを心理的に脅迫する宣伝工作がメディア、政治家、知識人などの間で依然として幅を利かせています。
本書がこのような洗脳に惑わされずに脱中国を達成する上で、
何らかの参考になれば幸いに思います。



ここでは試聴ができますよ
米中新冷戦の正体 - 脱中国で日本再生 - :馬渕睦夫,河添恵子








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:08 | Comment(0) | 教養 > 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義:デービッドアトキンソン

ナレーター大谷幸司
再生時間 07:16:14
出版社 東洋経済新報社
出版日 2019/1/11
販売開始日 2020/5/15
図表 62 枚
チャプター数 21
倍速版 あり

日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義:デービッドアトキンソン


日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義:デービッドアトキンソン



「日本人の優秀さ」こそ、この国の宝だ――。

日本在住30年、元ゴールドマン・サックス「伝説のアナリスト」、
日本文化に精通する「国宝の守り人」、日本を愛するイギリス人だから書けた!

外国人エコノミスト118人の英知を結集して示す、日本人の未来。
「人口減少×高齢化」というパラダイムシフトに打ち勝つ7つの生存戦略とは。

■筆者からのコメント■
日本に拠点を移してから30年、さまざまな出来事を目の当たりにしてきました。
経済の低迷、それにともなう子どもの貧困、地方の疲弊、文化の衰退
――見るに耐えなかったというのが、正直な気持ちです。

厚かましいと言われても、大好きな日本を何とかしたい。

これが私の偽らざる本心で、本書に込めた願いです。
世界的に見て、日本人はきわめて優秀です。
すべての日本人が「日本人の勝算」に気づき、行動を開始することを願って止みません。
――デービッド・アトキンソン

■主要目次■
第1章 人口減少を直視せよ――今という「最後のチャンス」を逃すな
第2章 資本主義をアップデートせよ――「高付加価値・高所得経済」への転換
第3章 海外市場を目指せ――日本は「輸出できるもの」の宝庫だ
第4章 企業規模を拡大せよ――「日本人の底力」は大企業でこそ生きる
第5章 最低賃金を引き上げよ――「正当な評価」は人を動かす
第6章 生産性を高めよ――日本は「賃上げショック」で生まれ変わる
第7章 人材育成トレーニングを「強制」せよ――「大人の学び」は制度で増やせる



ここでは試聴ができますよ
日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義:デービッドアトキンソン








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:08 | Comment(0) | 教養 > 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月11日

小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ:平川克美

ナレーター柳よしひこ
再生時間 05:59:22
出版社 ミシマ社
出版日 2012/1/23
販売開始日 2020/5/11
図表 1 枚
チャプター数 17
倍速版 あり

小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ:平川克美


小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ:平川克美



作品紹介

「日本よ、今年こそ大人になろう」
大震災、「移行期的混乱」以降の個人・社会のあり方とは?
政治家も経済学者も口にしない、「国民経済」復興論。
『移行期的混乱』で、「有史以来初めての人口減を食い止める方策は、経済成長ではない。それとは反対の経済成長なしでもやっていける社会を考想することである」と指摘した著者。本書では、その社会のあり方として「小商いの哲学」を提示する。「身の回りの人間的なちいさな問題を、自らの責任において引き受けることだけが、この苦境を乗り越える第一歩になる」短期的ではなく長期的な視点での復興策を、血の通った言葉で書きつづった感動的な論考!



ここでは試聴ができますよ
小商いのすすめ 「経済成長」から「縮小均衡」の時代へ:平川克美








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:12 | Comment(0) | 教養 > 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする