2019年08月27日

マインドセット「やればできる! 」の研究:キャロル・S・ドゥエック,今西康子/訳

ナレーター北林きく子
再生時間 11:32:43
出版社 草思社
出版日 2016/1/21
配信日 2019/8/27
図表 1 枚
チャプター数 37
倍速版 あり

マインドセット「やればできる! 」の研究:キャロル・S・ドゥエック,今西康子/訳



マインドセット「やればできる! 」の研究:キャロル・S・ドゥエック,今西康子/訳



作品紹介

スタンフォード大学発の世界的ベストセラー! !

学業・ビジネス・スポーツ・恋愛・人間関係……、成功と失敗、勝ち負けは、“マインドセット"で決まる。
20年以上の膨大な調査から生まれた、「成功心理学」の古典的名著、増補改訂により新登場!

同じような能力でも、一度の失敗で「もうダメだ」と落ちこむ人と何が失敗の原因かを考える人がいる。
問題がむずかしいとやりたがらない子、むずかしい問題ほど目を輝かせる子がいる。
それらの違いは、 どこからくるのか?

能力や才能は生まれつきではないことを20年間の調査で実証した正真正銘の “成功者たちの心理学"。



ここでは試聴ができますよ
マインドセット「やればできる! 」の研究:キャロル・S・ドゥエック,今西康子/訳








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 14:30 | Comment(0) | 自己啓発 > 自己啓発・成功哲学(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける:アンジェラ・ダックワース,神崎朗子/訳

ナレーター北林きく子
再生時間 12:06:17
出版社 ダイヤモンド社
出版日 2016/9/9
配信日 2019/8/16
図表 19 枚
チャプター数 32
倍速版 あり

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける:アンジェラ・ダックワース,神崎朗子/訳



やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける:アンジェラ・ダックワース,神崎朗子/訳



作品紹介

ハーバード×オックスフォード×マッキンゼーの心理学者が
「人生のあらゆる分野での成功に必要な最重要ファクター」をついに解明!
世界の「能力観」「教育観」を根底から変えた話題の世界的ベストセラー!

ビジネスリーダー、エリート学者、オリンピック選手…
成功者の共通点は「才能」でも「IQ」でもなく「グリット」(やり抜く力)だった!

バラク・オバマ、ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ…
錚々たる権威がその重要性を語り、
米教育省が「最重要課題」として提唱する
「グリット」の秘密を初めて解き明かした一冊!

★誰でもどんな分野でも一流になれる最強・最速のメソッド

著者はハーバード大で神経生物学を学び、
マッキンゼーのコンサルタント職を経て公立中学の教員となり、
オックスフォード大で修士号(神経科学)、
ペンシルベニア大学大学院で博士号(心理学)を取り、
「グリット」の研究によってノーベル賞に匹敵する
マッカーサー賞(天才賞)を受賞した、
世界最注目の研究者、アンジェラ・ダックワース教授。

◎「やり抜く力」を測定するテスト
◎「やり抜く力」を伸ばす効果的な方法とは?
◎「やり抜く力」が強くなる環境とは?
◎一流の人が共通して行っている「当たり前のこと」とは?
◎「今日、必死にやる」より「明日、またトライする」
◎この仕組みが「逆境に強い脳」をつくる
◎「ものすごくがんばる」のは「やり抜く力」とは違う
◎子どものころの「ほめられ方」が一生を左右する
◎「2年以上」「頻繁な活動」をした子は将来の収入が高い
◎「やさしい育て方」と「厳しい育て方」はどちらがいいか?
◎「賢明な育て方」診断テスト

人生のすべての成功に最も重要な能力であるグリットを
「自ら伸ばす具体的な方法」、そして、
「子どもやまわりの人間のグリットを伸ばす効果的な方法」を
満載した本書、何をおいてもぜひ読んでほしい珠玉の書だ。




ここでは試聴ができますよ
やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける:アンジェラ・ダックワース,神崎朗子/訳








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:46 | Comment(0) | 自己啓発 > 自己啓発・成功哲学(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

頂きはどこにある?:スペンサー・ジョンソン

ナレーター上柳昌彦
再生時間 02:43:53
出版社 扶桑社
出版日 2009/9/8
配信日 2019/8/9
図表 なし
チャプター数 11
倍速版 なし

頂きはどこにある?:スペンサー・ジョンソン



頂きはどこにある?:スペンサー・ジョンソン



作品紹介

400万部のベストセラー『チーズはどこへ消えた?』の著者が、リーマン・ショック後の全世界に発信した、新たなメッセージ。
仕事と人生における浮き沈みをコントロールする秘訣とは? すべての答えがここにある!

本書も、『チーズはどこへ消えた?』同様、寓話風の物語が核になっています。原題は“Peaks and Valleys”。すなわち「山と谷」。「人生は山あり谷あり」という言葉がありますが、そんな単純なたとえ話ではありません。ここで語られるのは、仕事と人生における「山」と「谷」を自分の思いどおりにあやつる、スキルに満ちた考え方です。どうすれば「谷」から抜け出せるのか、いかにして「山」にとどまることができるのか……その秘訣を説いた本書は、まさに驚きと感動の読書体験。
それを、おなじみ上柳昌彦氏の朗読でお届けします。

【著者スペンサー・ジョンソンの言葉】
わたしの本『チーズはどこへ消えた?』を読んでくださった数多くの日本の皆さんに感謝します。
この『頂きはどこにある?』は、わたし個人が、仕事や人生においてどうすればよりよい目標を持ち、それを達成できるかを、20年にわたって模索し、熟考した結果、できあがった作品です。そのなかで、数多くの疑問を出し、議論を重ね、ひとつの物語を作りあげました。これが、皆さんご自身の生き方に役立つヒントになればと期待しております。
そしてなによりも、日本で生きる皆さんが、仕事や人生における浮き沈みに対処する際に、最も価値のあるものとして本書を使っていただけるよう望んでいます――皆さんのご成功をお祈りします!




ここでは試聴ができますよ
頂きはどこにある?:スペンサー・ジョンソン








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:53 | Comment(0) | 自己啓発 > 自己啓発・成功哲学(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする