2021年01月13日

こども聖書:鈴木秀子

ナレーター 北林きく子
再生時間 01:16:33
出版社 すばる舎
出版日 2019/12/18
販売開始日 2021/1/13
図表 なし
チャプター数 34
倍速版 あり

こども聖書:鈴木秀子


こども聖書:鈴木秀子



作品紹介

「世界一読まれた本を、世界一わかりやすく」
ーーー長年にわたって、世界中の多くの人に読み継がれてきた
「聖書」を、「こども訳」で「超訳」!
著書累計100万部以上の人気シスターが、子どもたちに向けて、やさしく解説しました。
31日分に凝縮した「聖書」のエッセンスが、悩んだり、迷ったり、落ち込んだり、
何かに挑戦しているあなたを勇気づけてくれます。
大切な人へのプレゼントとしてもオススメの一冊です。



ここでは試聴ができますよ
こども聖書:鈴木秀子








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:32 | Comment(0) | 教養 > 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月04日

創価学会:田原総一朗

ナレーター 清水圭吾
再生時間 12:26:41
出版社 毎日新聞出版
出版日 2018/9/14
販売開始日 2020/12/4
図表 なし
チャプター数 27
倍速版 あり

創価学会:田原総一朗


創価学会:田原総一朗



作品紹介

なぜ、これほどまでに強いのか?

草創期から現在まで、創価学会を50年以上追い続けた
ジャーナリスト・田原総一朗による渾身の書き下ろし!

1930(昭和5)年の創立以来、日本では827万世帯、世界では192カ国・地域に会員を有する。幾度も窮地に立たされながらも、決して揺らぐことのなかった創価学会。その強靭さを支えたものとは何か。創価学会・公明党関係者にインタビューを敢行。3年にわたる取材を通して、田原総一朗が日本を代表する宗教団体の核心に迫る。創価学会論の決定版!

「度重なる試練に直面し、創価学会は間違いなく衰退するであろうという世論の推測を見事に裏切り、その都度、ピンチをチャンスに変えるという驚くべきエネルギーをもって、逆境を乗り越えてきたのである。どうやら、創価学会の強さは我々には想像も及ばないほど堅固なものらしい。池田会長と学会員たちの間には、単なるカリスマ論では語れない、尋常ならざる強靭な結びつきが存在していることもうかがえる」(「はじめに」より)

第1章 創価学会の誕生
第2章 創価学会の拡大と救済論
第3章 政治進出と池田大作の会長就任
第4章 「言論・出版問題」と創価学会の近代化
第5章 第一次宗門問題の真相
第6章 第二次宗門問題と「平成の宗教改革」
第7章 公明党の連立政権参加とその舞台裏
第8章 世界宗教への道程と挑戦
第9章 特別インタビュー 原田稔会長に聞く



ここでは試聴ができますよ
創価学会:田原総一朗








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 13:06 | Comment(0) | 教養 > 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

今を生きる 浄瑠璃寺:佐伯快勝

ナレーター 佐伯快勝
再生時間 00:32:24
出版社 株式会社ジェー・ピー
販売開始日 2020/12/1
図表 なし
チャプター数 3
倍速版 なし

今を生きる 浄瑠璃寺:佐伯快勝


今を生きる 浄瑠璃寺:佐伯快勝



作品紹介

佐伯(さえき)快勝(かいしょう)(1933〜2016)浄瑠璃寺住職(当時)
無理をしない、自然の力で自然のままに

私たちは常に今が大変な時代と思いますが、過去にも同じような災難が起きています。佐伯師は、まず鴨長明の随筆『方丈記』をもとに歴史から今をどう考えるかと問いかけます。次に東の薬師如来(過去)と西の阿弥陀如来(来世)、それを結ぶ宝池(現世)、平安貴族も夢見た極楽浄土の伽藍配置について説きます。また浄瑠璃寺は花の寺。境内には絶滅危惧種となった花も健在で、そんな小さな生命が生き方を教えてくれるとおっしゃいます。それは…。

「浄瑠璃寺」居並ぶ9体の阿弥陀は平安貴族が夢見た極楽浄土
平安時代後期から末法思想を背景に阿弥陀を念ずる極楽浄土へ迎えられるという浄土信仰が高まり、平安末期から鎌倉初期にかけて藤原道長はじめ有力貴族が多くの九体阿弥陀堂を建立した。記録に残るだけでも30以上だが、その後戦火で消失。現存する藤原時代の九体阿弥陀堂は、唯一、浄瑠璃寺のみである。

・創建:寺伝では、長和2年(1013)頼善創建の小田原寺が前身
・住所:京都府木津川市加茂町西小札場40



ここでは試聴ができますよ
今を生きる 浄瑠璃寺:佐伯快勝








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 09:55 | Comment(0) | 教養 > 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする