2019年11月13日

詩集 ちょうちょの頭も跳びこえて:柴沢直也

ナレーター樋口将大
再生時間 01:10:31
出版社 22世紀アート
出版日 2019/11/1
販売開始日 2019/11/13
図表 なし
チャプター数 27
倍速版 なし

詩集 ちょうちょの頭も跳びこえて:柴沢直也



詩集 ちょうちょの頭も跳びこえて:柴沢直也



作品紹介

表題の「ちょうちょの頭も跳びこえて」を含む5つの独自な世界観。美しい詩の中に鋭くも冷たい刃で心を貫く。そこから溢れ出るのは寒々しい悲哀と優しい温もり。




ここでは試聴ができますよ
詩集 ちょうちょの頭も跳びこえて:柴沢直也








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 12:55 | Comment(0) | 文芸・落語 > 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

令和の記念に 『万葉集』を楽しむオーディオブック

ナレーター吉田裕子,木本景子
再生時間 00:37:20
配信日 2019/4/24
図表 なし
チャプター数 2
倍速版 あり

令和の記念に 『万葉集』を楽しむオーディオブック



令和の記念に 『万葉集』を楽しむオーディオブック



作品紹介

*古典初心者でも『万葉集』を楽しめる、解説オーディオブックが誕生!*

2019年4月1日に新元号”令和”が発表されました。原典となった『万葉集』は、記録にのこる限りでは国書が原典となった初の事例ということで大変注目を浴びています。

本オーディオブックでは、『万葉集』の基礎知識を学べるほか、収録されている和歌の一部や、”令和”の参考となった箇所の朗読もお楽しみいただけます。

※『万葉集』をそのまま朗読したオーディオブックではなく、解説オーディオブックです。

<本オーディオブックの特徴>

1.『万葉集』を手に取る前に聴くと、もっと楽しく読める基礎知識が充実!
・令和の由来となった箇所はどんな意味?
・『万葉集』が誕生したときの時代背景
・『万葉集』ならではの特徴と魅力
・吉田先生オススメの3首
などを収録しています。

2.国語講師の吉田裕子先生が解説を務め、音声で手軽に楽しく学べる
国語講師を16年務め、学習塾・カルチャースクールで教鞭をとるほか、TVやラジオ、書籍出版など幅広く活躍している吉田先生が、『万葉集』に関する基礎知識をわかりやすく柔らかく解説。古典にあまり触れたことがない方でも楽しくお聴きいただけます。

3.競技かるたA級・A級公認読手の資格を持つ声優・木本景子さんが読み手となり、和歌を朗読で表現
吉田先生オススメの3首、新元号の由来となった箇所を声優の木本恵子さんが朗読。朗読で、文字とはまた違った『万葉集』の世界をお楽しみいただけます。

4.収録時間は約30分で、コンパクトに楽しく学べる
約30分で聴けるため移動時間などのスキマ時間でコンパクトにお楽しみいただけます。

新元号誕生の記念に、歴史的な古典に触れてみませんか?



ここでは試聴ができますよ
令和の記念に 『万葉集』を楽しむオーディオブック

posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:25 | Comment(0) | 文芸・落語 > 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

シルバー川柳3 来世も一緒になろうと犬に言い:社団法人全国有料老人ホーム協会

ナレーター佐々木健
再生時間 00:47:04
出版社 ポプラ社
出版日 2013/9/11
配信日 2019/1/1
図表 なし
分割ファイル数 5 枚
倍速版 あり

シルバー川柳3 来世も一緒になろうと犬に言い:社団法人全国有料老人ホーム協会




シルバー川柳3 来世も一緒になろうと犬に言い:社団法人全国有料老人ホーム協会



作品紹介

「アレどこだ?」 「アレはあそこに ソレですよ」
「AKB わしらはこれよ AED」

シリーズ累計50万部突破、
川柳ブームの火付け役となったベストセラー、待望の第3弾です。
毎年1万を越える応募作のなかから選ばれたユニークな作品の数々。
本書は2013年の最新入選作を収録しました。

「パーマ屋さんで」「病院の待合室で」
シニアの皆さんの口コミで笑いの輪が広がっています。
お達者パワー全開! 笑えてしみじみ、そして元気になれる楽しい一冊です。

笑いあり、人生あり、さすがいぶし銀≠フ人生がある。――みのもんたさん推薦!




ここでは試聴ができますよ
シルバー川柳3 来世も一緒になろうと犬に言い:社団法人全国有料老人ホーム協会








posted by オーディオブック「audiobook.jp」(旧・Febe) at 15:32 | Comment(0) | 文芸・落語 > 詩歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする